【4月22日更新】 2019年版おすすめオーディオブック

【12月11日まで】Audibleの70%オフセール!おすすめオーディオブック6選

オーディブル70%オフキャンペーン

みなさん、こんにちは!

 

AmazonのオーディオブックサービスAudibleがこの度、オーディオブックの70%オフセールを開始いたしました。

セール期間は、12月11日1時59分までとなっております。

 

Audibleの人気作品が70%OFFセールはこちら

 

さてこのセール、70%オフということですごくお得な感じがいたしますが、

もともとAudibleで販売されているオーディオブックは定価がもの凄く高いので

このセール価格でやっと「普通の価格よりも少し安めの価格になった」というのが私の印象です。

 

とは言え、このセール価格はお得な事に変わりはありませんので、

もし欲しいオーディオブックがあったらこの機会をぜひ活かしてくださいね。

 

MEMO
尚、このキャンペーンセールはAudibleの会員になっていなくても割引価格で購入できますのでご安心ください。

 

今回はその中からおすすめの6冊をピックアップしてみました。

 

それではどうぞよろしくおねがいします!


多動力

2,500円→750円

 

作品紹介

(Amazonより引用

堀江貴文のビジネス書の決定版!

 

『多動力』 Iotという言葉を最近ニュースでもよく耳にすると思う。

 

これは、ありとあらゆる「モノ」が インターネットとつながっていくことを意味する。

 

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。

 

この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

 

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる 「多動力」なのだ。
この『多動力』は渾身の力で書いた。 「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

 

「はじめに」より

オーディー

ご存知ホリエモンの著書。

 

本書のテーマはタイトルの通り多動力である。

 

一つのことをコツコツやるのではなく、同時に好きな複数のことをこなして、どんどん習得していくことがこれからの時代に求められている。

 

一つの分野に精通しているというのはもはや求められてはいない。

 

今求められているのは、複数の分野を組み合わせて新たな価値を生み出せる人間だろう。

 

本書がまさにそれを物語っている。

多動力をAudibleで聴く

自分を操る超集中力

2,500円→750円

作品紹介

(Amazonより引用

「気が散ってしまい、いつも集中が続かない」

 

「仕事や勉強で毎日疲れている」

 

「本番や締切りが近づいて、せっぱ詰まっている」。そう思う方、必読です。

 

本書で、あなたの集中力を劇的にアップさせる、

食事、睡眠、場所、運動、時間…など、

私が日々実行している即効性の高い18のメンタリズムをご紹介します。

 

実際に、私もこの「集中メソッド」で、次のような

たくさんの仕事や勉強をムリなくこなせています。

 

“TV出演、企業研修、経営者への戦略的なアドバイス、

ニコニコ動画を週4回放送、

毎日20冊の読書、ほぼ毎日のフィットネスジム通い、

まとまった休暇での海外旅行。”

 

尚、この本では、その場で試すことができる「知識」はもちろん、

すぐに効果が表れる「ワーク」も掲載しています。

 

本書を読むことで、たとえ疲れたままでも高い集中力を保つことができ、

仕事や勉強が短時間で片づけられるようになります。

 

本書は、自分の心を操る「行動と集中力の絶対法則」を、著者が初めて明らかにした1冊となります。

オーディー

仕事をしている時、勉強している時、集中したいけれども、ついつい気が散ってスマホをいじってしまう。

 

そんな経験って誰にでもありますよね?

 

「自分には集中力がない、ずっと集中できる人は自分とは違うんだ。」

 

そう思いがちですが、実は、集中力というのは周りの環境を変えたりして、自分でコントロールできることがほとんどです。

 

DaiGoさんの著書はポイントだけがまとめられていて聴きやすいのでおすすめです。

自分を操る超集中力をaudibleで聴く

勝ち続ける意志力

3,100円→930円

作品紹介

(Amazonより引用

ゲームファンから「神」と崇められ、「世界一長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネスブックに認定されている伝説のゲーマー・梅原大吾が、初めて熱い想いを語る。

ウメハラ渾身の作である本書は、ゲームの攻略本ではなく、人生の攻略本である。

オーディー

プロゲーマー梅原大吾さんによる著書です。

 

ゲーム好きであれば一度は聞いたことがあるくらいの有名人である彼ですが、ゲームを普段やらない人からすると知らない方もいるかもしれません。

 

しかし、世界に目を向けるとゲーム界での彼に人気は凄まじいものがあります。

 

世界一になり続けていること、そして、何度もスランプに見舞われている彼ですが、その度に何度も這い上がっくる姿に、私も感動した一人です。

 

彼の名を知らなかった人にも彼を知ってもらうためにぜひ読んでほしい一冊です。

勝ち続ける意志力をAudibleで聴く

お金の流れでわかる世界の歴史

3,000円→900円

作品紹介

(Amazonより引用

「ローマ帝国は“脱税”で滅んだ」「ナポレオンは“金融破綻”で敗れた」――お金の流れを読むだけで、歴史はよくわかる、さらに面白く見えてくる!「お金」「経済」「権力」の5000年の動きを徹底的に追跡調査!

オーディー

高い評価のレビューが多い本書。

 

元国税調査官による著書というそれだでも興味をそそられます。

 

聴き進んでいくにつれ、かなり詳しく文献を調べた上で書かれていることが伝わってきます。

 

歴史好きな方はもちろん、歴史な苦手な方でも面白く聴ける一冊です。

お金の流れでわかる世界の歴史: 富、経済、権力……はこう「動いた」

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –

3,000円→900円

作品紹介

(Amazonより引用

【ミニマリスト宣言!!】

 

持ちモノを自分に必要な最小限にする「ミニマリスト」という生き方。

 

ぼくはモノを減らすことで何もかもが変わり、なぜか毎日「幸せ」を感じられるまでになってしまった。

 

誰かと比べてばかりいて、みじめだった。将来への不安で、ずっと停滞していた自分が動きはじめた。

 

最小限にしたからこそ、見えてくる本当の豊かさ。モノが少ない幸せがあることを知った。

 

モノも情報もあまりに複雑化した現代。

 

そのノイズに阻まれて、本当に自分に何が必要なのか、何を大事にしたいのかさえわかりにくくなっている。

 

できるだけ多くのモノを手に入れるのが唯一の正解だった時代はもう終わった。

 

それがほんとうの「幸せ」にはつながらないことをなんとなくみんなが気づき始めている。

 

生き方にはもっと自由な選択肢があっていいはず。

 

他人の目線ばかり気にした世界から、自分の声に耳を澄ませてみること。

 

断捨離からミニマリストへ。

 

終わりのないモノへの追求から一度思いっきり距離をとってみること。

 

これはもう一度「幸せ」について考え始めることに他ならない。

オーディー

「ミニマリスト」という言葉をご存知でしょうか?

 

身の回りのものを最小限にし、本当に必要なものだけで生活する人のことをそう呼びます。

 

物が溢れ、欲しいものがすぐに手に入る現代において、ものにたくさん囲まれた生活をしていませんか?

 

しかし、どんなに欲しかったものを手に入れても、満足するのはその一瞬か短期間だけで、しばらく経ったらその気分もなくなって、また違うものを追い求める。

 

そういった生活を繰り返していると、いつまで経ってもものによって幸せを感じることが難しくなってきます。

 

私もそんな一人でしたが、本書によってものを買う前に、ワンステップはさみ、本当に必要なものかどうかをよく考えてから買うようになると、その物に対する愛着も湧きますし、部屋が物で溢れかえることもなくなりました。

 

何よりお財布に優しくなるってのがいいですね笑

 

みなさんも真のミニマリストを目指さないまでも、物に溢れた日々の生活を一度見つめ直すために聴いてみてはいかがでしょうか?

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -をAudibleで聴く

人を操る禁断の文章術

2,500円→750円

作品紹介

(Amazonより引用

人を上手に誘導するパフォーマンスを支えているのは、

人間の心理的特性についての膨大な知識量と実践の量である。

 

本書では、メンタリズムの得意とする

「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、

読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。

 

その文章術の軸となるのは、

「読み手の見たい現実を見せてあげる」という、

相手の心理を先回りした「想像力を刺激する」書き方のテクニックである。

 

本書では、解説するテクニックに対して心理学の見地から裏付けの説明を随所に加える。

 

扱うテーマは、

セールス、プレゼン、恋愛、依頼など、

書き手の腕が求められるシーンを幅広く網羅。

また、

人間の感情をゆさぶる7つ引き金(トリガー)と、

今すぐ文章にそのまま応用できるテクニックを紹介。

 

本書を読むことで、

書くべき内容とその書き方が一目にわかるようになる。

オーディー

LINEを始めとするチャットツールの普及で、文字でコミュニケーションを取ることが非常に多くなりました。

 

直接話すのと、文字で伝えるのではコミュニケーションのとり方が全く違うというのは、
みなさんも分かっていらっしゃるかと思います。

 

本書には、チャットに限らず、文字で相手とうまくコミュニケーションを取るためのノウハウが満載です。

人を操る禁断の文章術をAudibleで聴く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください