【4月22日更新】 2019年版おすすめオーディオブック

【7月19日】audiobook.jpおすすめのオーディオブックお買い得情報

7月19日のaudiobook.jpお買い得情報

みなさん、こんばんは。

 

金曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか。

 

先日開催されたAmazonのプライムデー。

 

特に人気だったのは、水や紙おむつだったそうです。

 

やはり大量に必要な生活必需品は人気があるようですね。

 

来年はどのようなプライムデーになるでしょうか。楽しみです。

 

それではaudiobook.jpのお買い得オーディオブックをお届けしてまいります。

ラインナップ
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
2,052円→800円 税込(61%オフ)

 

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~
1,728円→800円 税込(53%オフ)

 

教養としての「ローマ史」の読み方
1,944円→800円 税込(58%オフ)

 

一人になりたい男、話を聞いてほしい女
1,620円→800円 税込(50%オフ)

 

知的戦闘力を高める 独学の技法
1,620円→800円 税込(50%オフ)


サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

著者 ユヴァル・ノア・ハラリ,柴田裕之/訳
ナレーター 茶川亜郎
再生時間 10:58:36
3倍速で聴いた場合 03:39:32
2,052円→800円 税込(61%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

ビル・ゲイツ、バラク・オバマなど世界中の著名人が絶賛!

世界50か国以上で翻訳され、 累計500万部を突破している世界的ベストセラー
『サピエンス全史』がついにオーディオブック化!

 

なぜ我々はこのような世界に生きているのか?

 

ホモ・サピエンスの歴史を俯瞰し、現代世界の姿を新たな視点で語るベストセラーを
じっくりと音声でお楽しみください。

 

本作はこれまでにない新しい人類史を描いた、世界的ベストセラー作品です。

 

日本では、発売から半年経たずに上下巻累計で38万部を突破。

 

2017年5月には「ビジネス書大賞2017」で大賞を受賞し、国内でも大きな話題を呼んでいます。

 

著名人の方からの支持も厚く、以下のようなコメントが寄せられています。

 

・「実に魅力的で、刺激的な書」バラク・オバマ氏(「CNN」ホームページより)

 

・「私は『サピエンス全史』を歴史や人類の未来について興味のあるあらゆる人に薦めたい」ビル・ゲイツ氏(マイクロソフト創業者「今年の夏に読むべき5冊」)

 

・「次の私の『今年の一冊』は、ユヴァル・ノア・ハラリ著『サピエンス全史』だ。本書は人類の文明についてビッグ・ヒストリーのように綴った本であり、初期の人類がどのように狩猟採集から発展し、今日の社会や経済を組織したのかを読み解くものである」マーク・ザッカーバーグ氏(フェイスブック創業者、CEO)

 

・「こういう人類史の本で幸せかどうかを問題に立てる本にはじめて出合った」池上彰氏(2017/1/4放送NHK「クローズアップ現代+」より)

 

上下巻合わせて約560ページに渡る大作を声優による朗読で聴くことができるオーディオブック版は、
長編を読むのが苦手な方、読書の時間が取れないという方にもおすすめです。

 

いま、世界で最も注目され、ビジネスパーソンにとっても必須の教養書となりつつある一冊を、
ぜひオーディオブックでお楽しみください。

オーディー

続編「ホモデウス」も中々読み応えのある一冊ですが、
その前作であるこちらも、もちろん読んでおいて損はない一冊です。

 

堀江貴文氏の「多動力」でも取り上げられている本書。

 

彼の言う教養を身につけるのに最適な一冊です。

「サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福」を聴く

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

著者 ハイディ・グラント・ハルバーソン(著),児島修(訳)
ナレーター 佐々木健
再生時間 07:06:13
3倍速で聴いた場合 02:22:04
1,728円→800円 税込(53%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

話題の全米ベストセラー、ついに日本上陸!

 

意志力に頼らずに目標達成につながる行動を続ける方法を、心理学を中心とする科学的知見をもとに伝授します。

 

自制心を高め、成果を出す行動を続けていくための具体的な方法を学び、前進し続ける人生を手に入れましょう。

 

自分は意志が弱くて、あまりがんばれない。
変わろうと思っているのに変われない。

 

そんな風に「自分なんて」という思いを抱え、前進することを諦めてしまってはいませんか?

 

禁煙やダイエットや恋愛など、続けよう、努力しようとしたけれど
うまくいかなかっという経験をお持ちの方に、ぜひ一度お聴きいただきたい1本が登場しました。

 

目標を達成できるかどうかは、実は努力できる才能や意志力の強さとは関係ありません。

 

あのオバマ大統領でさえ、禁煙に何度も失敗しているのです。

 

大事なのは、最新の正しい理論を知り、自制心の高め方を学ぶところにあります。

 

本作品では、社会心理学を中心とする最新の科学的知見をもとに、
自制心を高め、目標達成のために適切な考え方をし、行動する方法を分かりやすく具体的にお伝えします。

 

よく自己啓発本で語られる「ポジティブ思考」を持つだけでは、目標達成はできません。
場面や状況、自分の性格に合わせて、目標達成への近道は異なります。

 

様々な人を観察し、最先端の研究を続けてきた本作品を通して、
あなた自身に最適の目標達成の方法論を身につけて、成果に直結する行動を始めることが重要となります。

 

これから、新たな目標にチャレンジしようという方はもちろん、
今まで様々な自己啓発本を読んで上手くいかなかった方にも、的確なアドバイスをくれる最適の1本です。

 

あなた自身を知り、目標設定を確実に行い行動することで、目標の達成に大きく近づくことができます。

 

本作品を通して、目標に向かってストレートに行動を起せる新しい自分を手に入れてみませんか?

オーディー

本書の題名を見た時は「よくある意志力の自己啓発本」かと思ったのですが、実際に聴いてみるとその予想を遥かに裏切られました。

 

ちゃんとした科学的な知見と事例をもとに、行動を起こし、習慣化して続ける方法を分かりやすく、かつ実践に移せるような内容が満載です。

「やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~」を聴く

教養としての「ローマ史」の読み方

著者 本村凌二
ナレーター 西村不二人
再生時間 12:40:15
3倍速で聴いた場合 04:13:25
1,944円→800円 税込(58%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

なぜ、ローマは帝国になり得たのか。なぜ、ローマ帝国は滅びたのか。

 

王政から共和政を経て帝政へ、多神教世界帝国から一神教世界帝国へ。

 

古代ローマ史研究の第一人者が、長きにわたって古代を生き延びたローマの歴史とその新しい「読み方」を語り尽くす。

 

建国時の混乱、強敵との戦い、国家の再建、跡継ぎ問題、異民族の侵入、文明の変質……。

 

ありとあらゆることを経験したローマの長い歴史は、現代を考える上での大きな羅針盤となり、
混迷する現代を生きる我々に多くの示唆を与えてくれる。

 

ローマ史のみならず、世界史や現代社会の理解をより深めることにも繋がる一冊。

オーディー

「教養としての世界史の読み方」の著者でもある本村凌二先生のローマ史に関する著書。

 

「教養としての世界史の読み方」も非常に面白い内容でしたが、元々ローマ史研究が専門の本村先生。

 

本書はその研究ぶりがいかんなく発揮された内容となっております。

 

私自身、ローマ史など全くの興味がなかったのですが、
本書でも取り上げられている政治思想家の丸山眞男氏が「ローマ帝国の歴史には人類の経験のすべてがつまっている」との言葉通り、
現代、そして未来を考える上でローマ史が非常に役立つことを実感できます。

「教養としての「ローマ史」の読み方」を聴く

一人になりたい男、話を聞いてほしい女

著者 ジョン・グレイ,児島修/訳
ナレーター 憩昇平
再生時間 06:20:24
3倍速で聴いた場合 02:06:48
1,620円→800円 税込(50%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

現代の「男女関係」は昔とは違う。25年の時を経て、名著『ベスト・パートナーになるために』待望の続編!

家庭、職場、恋愛…あらゆる場面で役に立つ、異性間コミュニケーションのすべてがここに。

 

全世界1,500万人が読んだ、
グレイ博士の名著が現代版として再登場。

 

働く女性、草食化する男性……現代の男女必読の古典的名著のアップデート。

 

なぜ男は一人になりたいのか、
女はなぜ話を聞いてほしいのか?

 

家庭、職場、恋愛……あらゆる場面で必須の異性間コミュニケーション。

 

◎男は「洞窟にこもりたい」、女は「話してほしい」

 

◎脳内ホルモンから科学的に解き明かす! 〈男女のすれ違い〉の原因

 

◎人類5,000,000年 普遍の〈男と女の絶対ルール〉

 

恋愛にも仕事にも家庭にも効く! 異性と〈上手に付き合う〉全技術

オーディー

男女の考え方や行動の違いを取り上げた書籍は数多くありますが、
本書では、科学的な見地から男女の違いを具体例を交えて説明されています。

 

特にカップルにおける男女のコミュニケーション事例では、納得させられることが多く、男女がうまく付き合っていくのに役に立つことは間違いありません。

 

唯一の障害は、男女がともにこの本を読んで、お互いに納得しないと難しいかもしれないという点・・・。

「一人になりたい男、話を聞いてほしい女」を聴く

知的戦闘力を高める 独学の技法

著者 山口周
ナレーター 和村康市
再生時間 06:43:42
3倍速で聴いた場合 02:14:34
1,620円→800円 税込(50%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

MBAを取らずに独学で外資系コンサルになった著者の、
骨太でしなやかな知性を身につける、武器としての知的生産術。

 

歴史・経済学・哲学・経営学・心理学
音楽・脳科学・文学・詩・宗教・自然科学

 

戦略からインプット、抽象化・構造化、ストックまで
知識を「使いこなす」最強の独学システムを公開。

 

◎「武器になる教養書」11ジャンル99冊ブックガイド付き

 

◆価値あることは、すべて独学で学べる――独学こそ、最強のスキルである

 

アインシュタイン、ダーウィン、ヴィトゲンシュタイン、
エジソン、ライト兄弟、スティーブ・ジョブズ……。

 

多くのイノベーターたちはみな共通して独学者だった。

 

様々な社会基盤や産業モデルなどの「前提システム」が壊れ始めている今、
学校で教わる知識ではこの先、戦っていけない。

 

この先必要なのは、現行のシステムを批判的に考えられる力であり、
それを自力で学び取る独学のスキルである。

 

◆誰もが簡単に情報を入手できる時代に、知識を手足のようにどう使いこなすか?

 

情報の価値はますます安くなり、もはや「知識」だけでは武器にならない。

 

単なる物知りでは生き残れない時代、戦える武器を効果的に手に入れ、
それらを駆使して自分なりの視点や洞察を生み出す知的生産術=独学術が必要だ。

 

では、実戦で使える武器とは何か?どう学べばいいのか?
それをどう咀嚼し血肉化すればいいのか。

 

◆4つのモジュールから体系化された最強の知的生産システム

 

著者は、哲学科→美術史修士→電通→BCG→ヘイグループという異色のキャリアを歩み、
MBAを取らずに独学で外資系コンサルタントとして活躍する山口周氏。

 

本書は、限られた時間の中で、いかに費用対効果の高い「戦う武器」を手に入れ、
実戦で手足のように使いこなすかについて、
「戦略」「インプット」「抽象化・構造化」「ストック」の4つのステップから
1冊に体系化する。

 

お飾りの知的武装ではなく、知識を本当に使える武器へと変える、超実践的な手法を紹介。
この世をしたたかに生き抜くための、最強の知的生産術。

オーディー

なぜ独学が重要なのか?

 

誰もが独学って大事だよね?と漠然と思っていると思います。

 

この疑問に対して答えるとすれば、これだけインターネットが発達し、誰でも簡単に情報にアクセスすることができる現代において、知識が不要な資産になっているからです。

 

これからの時代に私達に求められているものは、時代の流れによってすぐに廃れてしまう知識を得ることよりも、
時代が変わっても廃れることのない教養(リベラルアーツ)を身につけることが求められます。

 

ただ、教養というのはすぐに実生活や仕事に役立てることができないため、
勉強していても退屈ですし、すぐに飽きてしまいます。(少なくとも私は・・・)

 

そのためすぐに役立つビジネス書に飛びついてしまったりします。

 

経験のある方もいらっしゃると思いますが、結局、ビジネス書に書いてある内容って、同じジャンルものを4,5冊読んでしまえば大体書いてある内容って一緒だったりするんですよね。

 

それよりも、いわゆる古典と呼ばれる現代でも通用する教養書を読み込むことの方が、すぐには役立つことはないかもしれないけれど、自分の知識の根幹になったりするのです。

 

本書ではその知識の根幹を作るためのアプローチを知ることができます。

「知的戦闘力を高める 独学の技法」を聴く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください