【 2019年版】おすすめオーディオブック50選

【9月30日】audiobook.jpおすすめのオーディオブックセール情報

9月30日のaudiobook.jpセール情報

みなさん、こんにちは。

月曜日ですね。いかがお過ごしでしょうか。

 

いよいよ明日から消費税が増税されますね。

消費税も変わりますが、幼保無償化もスタートされることで、一部ニュースではこちらも混乱を招いているようですね。

あちらを立てればこちらが立たずで、どんどん制度が複雑化しており、何とも言えない気持ちになっています。

 

さて、只今audiobook.jpでは本日まで月額会員プランでポイントを購入するとさらにボーナスでポイントを獲得できるキャンペーンが始まっています。

 

月額会員プランは月額という名前はついていますが、ポイント獲得後はすぐに解約することもできます。

 

もし欲しいオーディオブックがあれば先にポイントを購入しておくとお得に購入することができますよ。

 

おすすめの料金プランについては以下の記事で解説しておりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

audiobook.jpのお得な料金プランはこれだ!

本日最終日!
月額会員プランキャンペーンはこちらから

それでは本日のaudiobook.jpお買い得オーディオブックをお届けしてまいります。

ラインナップ

学びを結果に変えるアウトプット大全
1,566円→800円 税込(48%オフ)

 

ぼくたちは習慣で、できている。
1,296円→800円 税込(38%オフ)

 

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男
1,296円→800円 税込(38%オフ)

 

本を読む人だけが手にするもの
1,512円→800円 税込(47%オフ)

 

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
1,620円→800円 税込(50%オフ)

 

未来に先回りする思考法
1,728円→800円 税込(53%オフ)


学びを結果に変えるアウトプット大全

著者 樺沢紫苑
ナレーター 清水圭吾
再生時間 07:52:43
3倍速で聴いた場合 02:37:34
1,566円→800円 税込(48%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

発行部数40万部突破! Amazonビジネス実用カテゴリー1位!

 

説明・アイデア・雑談・交渉など……
すべての能力が最大化する。

 

日本一情報を発信する精神科医が贈る、
脳科学に裏付けられた、伝え方、書き方、動き方

 

「メルマガ、毎日発行13年」「Facebook、毎日更新8年」

 

「YouTube、毎日更新5年」「毎日3時間以上の執筆11年」

 

「年2~3冊の出版、10年連続」「新作セミナー、毎月2回以上9年連続」
……日本一アウトプットしている医師である、ベストセラー作家・樺沢紫苑が
圧倒的に結果が変わる「アウトプット術」を大公開。

 

<CHAPTER1 アウトプットの基本法則【RULES】>
■アウトプットとは? アウトプットの定義
■アウトプットの基本法則
■アウトプットの6つのメリット 他

 

<CHAPTER2 科学に裏付けられた、伝わる話し方【TALK】>

伝える/挨拶する/雑談する/質問する

依頼する/断る/プレゼンする

議論する/相談する/ほめる/叱る

説明する/自己紹介する 他

 

<CHAPTER3 能力を最大限に引き出す書き方【WRITE】>

上手な文章を書く/速く文章を書く/文章を構成する

速く入力する/気付きをメモする/ひらめく

ノートをとる/構想をまとめる/プレゼンスライドをつくる

引用する/要約する/目標を書く/メールを送る 他

 

<CHAPTER4 圧倒的に結果を出す人の行動力【DO】>

続ける/教える/集中する/チャレンジする

始める/やってみる/楽しむ/決断する/率いる

笑う/泣く/「怒り」をコントロールする

眠る/運動する/危機管理する/時間管理する 他

 

<CHAPTER5 アウトプット力を高める7つのトレーニング法【TRAINING】>

その1■日記を書く

その2■健康について記録する

その3■読書感想を書く 他

オーディー

私は読書やオーディオブックが好きで、また、分からないことはすぐに調べないと気がすまないたちです。

 

つまりかなりの「インプット好き」なのですが、そのインプットした情報について、いざ人に説明するとなると、うまくできないことも往々にしてあるのです。

 

本書は精神科医として、10年連続で年2冊以上の本を書き、メルマガを13年間毎日発行、動画を1500本以上アップし続けるなど数々の活動を行われている方によるものです。

 

まさしく著者自身が凄まじい量のアウトプットを出しており、多くの人がインプット:アウトプット=7:3のように、「アウトプットよりもインプット過剰になっている」中で、逆の比率、つまり、インプット:アウトプット=3:7にしようと述べています。

 

それは多くの研究結果で、その比率を実施している人が一定の成果を上げているということからも実証されています。

 

勉強も仕事もインプットが大半になってしまっていませんか?

 

上述のように私もそんな一人なのですが、仕事や勉強のみならず、好きな読書もアウトプットを意識したものに変えていきたいと思っております。

「学びを結果に変えるアウトプット大全」を聴く

ぼくたちは習慣で、できている。

著者 佐々木典士
ナレーター 山田晴久
再生時間 07:56:56
3倍速で聴いた場合 02:38:59
1,296円→800円 税込(38%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

「明日がんばろう」は、もう終わりにしませんか?

続けなければ、意味はない。習慣にすれば続く。だから、変わる。

 

人を変えるのは、唯一「習慣」である。

 

No.1ミニマリストが贈る、才能を作り出すための習慣化の秘密。

 

ミニマリストを世に知らしめた
ベストセラー「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」の
著者が次に選んだテーマは「習慣」。

 

ぼく自身が、すべてに失敗してきた。

 

●早起きしたり、規則正しい生活をする

 

●部屋をきれいな状態に保つ

 

●食べ過ぎず、適正な体重を維持する

 

●運動を定期的に行う

 

●仕事や勉強を、先延ばしせず手をつける

 

新年に立てるような目標は、誰でもほとんど同じ。

 

問題は「なぜそれを続けることが難しいのか?」ということ。

 

続けなければ、何ごとも意味はない。

 

そして続けるためには、習慣にするしかない。

 

人を変えるのは、唯一「習慣」である。

 

ダメダメだった著者が習慣を身につけるまで悪戦苦闘し、
見つけた方法を心理学、行動経済学、脳科学の成果を踏まえつつ、徹底解説。
数多ある「習慣本」の決定版!!

 

さらに習慣から「努力」「才能」を読み解き、その常識を書き換えます。

オーディー

ZOZOの田端信太郎氏は自身の著書「Media Makers」にて、以下のように述べています。

 

今や情報を発信することそれ自体には、全く価値がありません。読み手に届くメディアを作り、運営を継続できるかどうかこそが生命線なのです。

これはメディアについて述べられたものですが、今や誰でも色々な情報にアクセスができ、また何かを成し遂げるために必要なものも手に入りやすくなっています。

 

そんな中で他人と差別化するためにできることと言ったら、「続けること」以外ないでしょう。

だれでもチャレンジできる環境の中で、最後に成功を手にすることができるのは、結局、最後まで諦めずに続けられた人です。

 

そのためにも習慣化というのは、今の時代に最も求められている能力なのではないでしょうか。

 

本書は著者自身による実践と、そしてそれらを裏付ける理論によって書かれているため、内容に説得力があります。

 

習慣化を身につけるための一助となることは間違いないでしょう。

「ぼくたちは習慣で、できている。」を聴く

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男

著者 野崎幸助
ナレーター 西村不二人
再生時間 08:05:26
3倍速で聴いた場合 02:42:48
1,296円→800円 税込(38%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

とんでもない男がいた!

幼いころから「美人と付き合いたい」と願い続け、そのためには大金持ちになるのが近道と、
鉄屑拾い、コンドーム訪問販売、金融業など様々な商売を経て、裸一貫から成り上がった男の痛快自伝。

 

商売が上手くいくコツ、金持ちになるための心構え、女性を口説く技から、
75歳になってクスリいらずの生涯現役法まで、すべてを赤裸々に語った!

オーディー

圧倒的な女性への執着とそのバイタリティ。

 

1年前に不可解な死を遂げた紀州のドンファン本人による著書。

 

本人の著書ということで、1年前の突然の死がリアルに感じられるとともに、メディアでは報じられない野崎幸助の壮絶な人生は聴いていて全く飽きない内容です。

 

これから長寿命時代を生きていかなければならない日本で、バイタリティ溢れた一つの生き方が生々しく描かれています。

「紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男」を聴く

本を読む人だけが手にするもの

著者 藤原和博
ナレーター 西村不二人
再生時間 06:46:28
3倍速で聴いた場合 02:15:29
1,512円→800円 税込(47%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

著者累計100万部突破の教育改革実践家、藤原和博氏が贈る、
TBS「王様のブランチ」新聞各紙でも紹介され5万部を突破した大反響の一冊が登場!

なぜ本を読むといいのか?仕事と人生に効く、「よのなか科」流読書術を伝授します。

 

幼い頃、親や先生に「本を読みなさい」と言われた経験はありませんか?

 

誰しも一度は経験があると思いますが、
反対に、「どうして読まなければいけないの?読むといいことあるの?」と正面から問い返されたら
理路整然と答えられる大人はなかなかいないのではないでしょうか。

 

本作品は「なぜ本を読むといいのか」について深く考え、問い直し、
読書の時間をとることがなぜ大切なのかを振り返るきっかけを与えてくれます。

 

また、「本を読もう」と思っても、なかなか続かない、という人も多いはず。
そこで本作品では、読書の習慣を身につけるための効果的な方法も紹介します。

 

ただ単に本を読んで、インプットすることだけをやっていても、読書の習慣は身につきません。

 

アウトプットの方法を身につけ、本で学んだことを
「自分の意見にまでつなげることができる」という成功体験に繋げることが重要なのです。

 

さらに本作品では、巻末に付録として藤原和博氏の「これだけは読んでほしい」と思う本・50冊を紹介しています。

 

本作品をお聞きいただけば、もっと本に触れたいという気持ちがわいてくることでしょう。

 

読書の大切さを知り、忙しい人でもできる読書習慣を身につけ、
あなたも早速、これからの読書に活かしてみませんか?

オーディー

なぜ本を読むのでしょうか?

 

なぜ本を読まなければならないのでしょうか?

 

本好きの方には自分なりの本を読む理由があると思います。

 

しかし、普段あまり本を読まない人にとって、本を読むことの意味というのは分かりにくいかもしれません。

 

私なりに本を読む理由を挙げるとするならば、それはひとえに「知識を得るため」だと言えます。

 

では、どうして知識を得ることが必要なのでしょうか?

 

それは情報を理解するため、もっと言えば、「情報に騙されないため」だと言えます。

 

インターネットの普及によってこれほど情報の波に溺れやすい時代をかつて人類は経験したことがありません。

 

そんな情報の荒波に知識なしで泳ぎぬこうとすればたちまち飲み込まれてしまうでしょう。

 

デマやフェイクニュースに頻繁に踊らされることは間違いありません。

 

そのために本で知識を身につけることが読書の意味だと私は考えています。

 

本書を通じて、もう一度本を読む意味について考えてみてはいかがでしょうか。

「本を読む人だけが手にするもの」を聴く

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

著者 ちきりん
ナレーター 壹岐充恵
再生時間 06:22:38
3倍速で聴いた場合 02:07:32
1,620円→800円 税込(50%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

月間200万PVの超人気ブログを運営する社会派ブロガー・ちきりん氏の人気作が登場!
職種や人生のステージに関わらず、「忙しい」「休めない」のはなぜ?
ゆとりも成功も手に入る、仕事よりも自分優先で生きる方法を教えます。

仕事や家事、育児に多忙な日々を過ごしているあなたにお届けしたい一冊です。

あなたは、自分の時間を持てていますか?
仕事に、家庭に、と時間を取られて、自分だけでゆっくり過ごせる時間を失っていませんか?

多くの人がさまざまな理由で、忙しすぎる生活を
「避けられないもの」「自分が頑張って乗り切るべきもの」として受け入れてしまっています。

でも、本当にこの多忙な生活を脱する方法は、どこにも存在しないのでしょうか。

本作品では、個々人が直面する超多忙な生活からの脱出方法について考える視点と、
今の会社で急速に進みつつある変化の本質に焦点を当てた視点から、
自分の時間を取り戻すための「答え」を見つけ出します。

多忙でなかなか自分の時間を持つことができない方に、
やりたいことを少しでも多く実現できるようになるための知恵を授けます。

仕事を優先していつの間にか年を取っていた、やりたいことができなかった、と後悔する前に、
この作品で自分の人生の時間の使い方を見直してみませんか?

オーディー

毎日多忙な生活を送る私達。

落ち着いた自分の時間を持つことってとても難しいですよね。

そんな生活を続けていたら、いつかこんな風に思ってしまうかもしれません。

「こんなはずじゃなかった・・・。」

そうなってしまう前に、今の時間の使い方を見直してみよう、というのが本書の主張です。

キーワードは「生産性」です。

少ない時間で大きなアウトプットを出す。

忙しい人に共通しているのは、時間を費やしているのに、費やした時間の割には効果が出ていない点です。

例えば、家事をアウトソースして、そこで浮いた時間を他のことに費やした方が生産性がいいのではないか?

ただ家事はやはり自分でやるべきなのでは?

このように合理的に考えて生産性を追求することはとても勇気のいることです。

しかし、どこかのタイミングで生産性を考えて行動しなければいけない時が必ずやってきます。でないと、自分が潰れてしまいますからね。

本書が生産性を考えた生き方の後押しになることでしょう。

「自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方」を聴く

未来に先回りする思考法

著者 佐藤航陽
ナレーター 山田晴久
再生時間 07:16:41
3倍速で聴いた場合 02:25:34
1,728円→800円 税込(53%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

元Google米国本社 副社長 兼 日本法人 代表取締役社長 村上憲郎
元Apple米国本社 副社長 兼 日本法人 代表取締役 前刀禎明
推薦!

 

なぜ、99.9%の人は未来を見誤るのか?
0.1%の「未来に先回り」できる人になるための思考法、初公開!

 

「実際に空を飛ぶ機械が、数学者と機械工の協力と不断の努力によって発明されるまでには、百万年から一万年かかるだろう」
ニューヨークタイムズにこのような社説が載ったのは、ライト兄弟が人類で初めて空を飛ぶわずか数週間前のことでした。

 

今に生きる私たちも、この話を笑うことはできないでしょう。

 

iPhoneが発売されたとき
「赤外線がないなんて流行らない」「おサイフケータイが使えないなんて不便」
と多くの人が言っていたことを、

 

Facebookが日本に進出したとき、
「実名性のSNSは日本人の気質には合わないので普及しない」
と多くの「知識人」が言っていたことを、私たちは都合よく忘れています。

 

人間は本来、未来を見誤るものなのです。

 

しかし、そんな中でもごくわずかな人は驚くほどの先見性を発揮して大きな成果を上げています。その違いは人々の「思考法」にあります。
本書では、株式会社メタップス代表取締役社長の佐藤航陽が自身の体験から培った「どんな状況にあっても未来を見通せる汎用的な思考体系」を、読者のみなさまにお伝えします。

オーディー

メタップス代表取締役社長、佐藤航陽さんによる著書。

 

日本のIT業界の中でも、その先見の明はずば抜けていると言っても過言ではないと思います。

 

それはメタップスという会社が手がけるビジネスからも見て取ることができます。

 

未来を想定して動いていくことは、目まぐるしく動く現代において必要不可欠な能力といっても過言ではありません。

 

どうすればそのような力を得ることができるのか?未来を見越すためにどのように考えればいいのか?

 

彼の思考法から学べることは大きいはずです。

「未来に先回りする思考法」を聴く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください