【 2020年版】おすすめオーディオブック50選

【11月27日】audiobook.jpおすすめのオーディオブックセール情報

11月27日のaudiobook.jpセール情報

みなさん、こんばんは。

水曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか。

最近のYoutubeを見ておりますと、テレビで活躍している、もしくはしていたタレントの方たちがとても増えていますね。

テレビを見ない若い世代にとっては、とても話のうまいYoutuberに写るらしいです。

もともと喋りのうまい方たちですが、ファンを増やしているのは、喋りだけでなく、動画の内容や構成にもこだわっていてとてもクオリティが高いです。

今後、Youtubeでの競争はますます激しくなっていきそうですね。

さて、只今audiobook.jpでは11月30日まで月額会員プランでポイントを購入するとさらにボーナスでポイントを獲得できるキャンペーンが始まっています。

 

月額会員プランは月額という名前はついていますが、ポイント獲得後はすぐに解約することもできます。

 

もし欲しいオーディオブックがあれば先にポイントを購入しておくとお得に購入することができますよ。

 

おすすめの料金プランについては以下の記事で解説しておりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

audiobook.jpのお得な料金プランはこれだ!

月額会員プランキャンペーンはこちらから


それでは本日のaudiobook.jpお買い得オーディオブックをお届けしてまいります。

ラインナップ
人を操る禁断の文章術
1,540円→800円 税込(48%オフ)

 

読んだら忘れない読書術
1,650円→800円 税込(51%オフ)

 

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣
1,540円→800円 税込(48%オフ)

 

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています
1,705円→800円 税込(53%オフ)

 

ITビジネスの原理
1,540円→800円 税込(48%オフ)

 

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール
1,650円→800円 税込(51%オフ)


人を操る禁断の文章術

著者 メンタリストDaiGo
ナレーター 市村徹
再生時間 03:47:34
3倍速で聴いた場合 01:15:51
1,540円→800円 税込(48%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

★オーディオブック『人を操る禁断の文章術』購入者プレゼント!
メンタリストDaiGo氏による「人を操る14のLINEフレーズ」、「LINEで使える4つの心理学」を巻末に収録しています★

 

メンタリストDaiGoの『人を操る禁断の文章術』がオーディオブック化!

 

相手の心を動かし思うままに行動させる、メンタリズムの神髄を文章で実践する方法を徹底的に伝授します。

 

人の心を動かすポイントを掴んだ文章術を身につければ、
あなたはリアルタイムな会話よりも確実に、相手の行動を変えることができるのです。

 

ビジネスでもプライベートでも活用でき、人生を変える禁断の文章術を、あなたも身につけてみませんか?

 

プレゼンの成果を高めたい。

 

口ベタだが、好意を持っている人に想いを伝えたい。

 

職場の人間関係を改善したい。

 

このような思いをお持ちの方に、ぜひお聴きいただき、実践していただきたいオーディオブックです。

 

本作品では、メンタリストとして活躍するDaiGo氏が、
最も得意とする分野である、文章によって相手の心を動かし、行動するよう誘導する方法を伝授します。

 

本作品で紹介しているのは、美しく整った文章を書く方法ではなく、
読み手の想像力を刺激して、感情を揺さぶり、行動を誘導するという目的に特化した文章術です。

 

人を動かす7つの引き金(トリガー)を理解して、相手の心を動かして行動へと誘導していく方法を学べば、
ビジネスのプレゼンやメール、接客、営業などで成果を上げる方法が分かり、
上司や部下とのコミュニケーションもより円滑になります。

 

また、恋愛や家族関係などのプライベートな場面でも、あなたの想いを伝え、
相手に思い通りに動いてもらうことができるようになるでしょう。

 

文章で人を動かす方法を知ることで、あなたの人生は大きく変わります。

 

ビジネスもプライベートもあなたの思い通りに進めていけるメンタリズムの極意を、あなたも身につけてみませんか?

 

★購入者プレゼントメンタリストDaiGo氏による
「人を操る14のLINEフレーズ」、「LINEで使える4つの心理学」★

 

『人を操る禁断の文章術』購入者限定で特別プレゼント!
メンタリストDaiGo氏による「人を操る14のLINEフレーズ」を
お聴きいただけます!

 

LINEのもつ特徴と心理学を活かした、「人を操る14のLINEフレーズ」。
友人や上司、部下etc…あらゆる人間関係で役に立つ、
LINEで使えるフレーズをお聴きいただけます。

 

また、オーディオブック版でしか聴けない
「LINEで使える4つの心理学」もプレゼント!

 

心理学を活用した、より人間関係を良いものにするためのLINE活用術。

 

「魅力アピールできるプロフィール写真とは?」

 

「初対面の相手に印象を残せる、最適なLINEのタイミングとは?」
…などなど、誰もが気になるLINEの活用術について学ぶことができます!

オーディー

LINEを始めとするチャットツールの普及で、文字でコミュニケーションを取ることが非常に多くなりました。

 

直接話すのと、文字で伝えるのではコミュニケーションのとり方が全く違うというのは、
みなさんも分かっていらっしゃるかと思います。

 

本書には、チャットに限らず、文字で相手とうまくコミュニケーションを取るためのノウハウが満載です。

 

巻末の「人を操る14のLINEフレーズ」、「LINEで使える4つの心理学」も必聴です!

「人を操る禁断の文章術」を聴く

読んだら忘れない読書術

著者 樺沢紫苑
ナレーター 山田晴久
再生時間 06:51:38
3倍速で聴いた場合 02:17:12
1,650円→800円 税込(51%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

★巻末に、著者・樺沢紫苑氏の特典メッセージを収録★

多数の著書のほか、あらゆるソーシャルメディアでも発信力をもつ、著者・精神科医の樺沢紫苑氏。
作品内でも紹介されている、記憶に残すための「情報発信」についての著者ご本人からのアドバイスをお聴きください。

 

Amazon評価4の高評価!樺沢紫苑著『読んだら忘れない読書術』がオーディオブック化!
月30冊の読書を続け、精神科医・作家として活躍する著者が、脳科学に裏付けられた本当に役立つ読書術を大公開!

 

たくさんの本を読んでも、記憶に残っていなければ意味がありません。
「読んだら忘れない技術」を手に入れ、本から得た知識を自分のものにし、人生をより充実した豊かなものにしてみませんか?

 

「本を読んでも、すぐに内容を忘れてしまう」

 

「時間を見つけて読書をしているが、役立っているかどうかわからない」

 

「凄くおもしろかったのに、少し時間がたつと内容が思い出せない」

 

このように、忙しい中で頑張って読書時間をねん出して本を読んでも、
時間が経つと内容を忘れてしまい活かせていない、という人は多いのではないでしょうか。

 

記憶に残っていないということは、知識としてあなたの中に定着していないということです。
素晴らしい本と出会い、時間を使って読んでも、それを忘れてしまうのは非常にもったいないことです。

 

本作品では、毎月30冊の読書を30年以上欠かさず続けている著者が、
知識として自分の中に定着させ、自己成長に繋がる「記憶に残る読書術」を徹底的に解説します。

 

「読書によって得られる8つのこと」「読んだら忘れない読書術」
そして、「精神科医がお勧めする珠玉の31冊」をご紹介する本作品をお聴きいただければ、
あなたの人生の中で読書をどのように位置づけ、活かしていくかが見えてくることでしょう。

 

「記憶に残る読書術」を身につければ、知識が定着し、人生の選択肢が増え、仕事の効率も上がります。

 

読書に時間を使うことで自由に使える時間が増え、さらなる自己成長につながり、
あなたの毎日はますます充実したものになるのです。

 

よりよい読書習慣をつけるきっかけとなる本作品を通して、
本との関係を見直し、あなたの人生をより充実した豊かなものにしてみませんか?

オーディー

「どうしてこの人は読んだ本の内容について、こんなにちゃんと意見を言えるのだろうか」

 

本好きの知人と話す度に私はそう思っていました。

 

「本を読むのは好きだけれど、読み終わったら何が書いてあったかちゃんと説明することができない。」

 

というのがずっと私の悩みでした。

 

「どうしたら本の内容をちゃんと忘れずにいられるのだろうか」

 

そんな悩みを解決しれくれたのがこの1冊です。

 

本という知識を得るためのツールを手に入れて、その内容を記憶してちゃんと自分のものにできるほど素晴らしいことはありません。

 

そして、何より読んだ本の意見をちゃんと友人や知人に話すことができるのってかっこいいですよね。

 

ぜひ本書で本の内容を記憶に残す方法を手に入れてみてください。

「読んだら忘れない読書術」を聴く

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

著者 印南敦史
ナレーター 大谷幸司
再生時間 02:58:15
3倍速で聴いた場合 00:59:25
1,540円→800円 税込(48%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

発売1か月で3万部突破の話題作!

なぜ「1ページ5分」かかっていた遅読家が「年間700冊超」読破する人気書評家になれたのか?
あなたの家の「積ん読」を解消し、月20冊があたり前になる読書術「フロー・リーディング」を公開します。

 

読むのが遅い、もっとたくさんの本の情報を取り入れたいというあなたに最適の一冊です。

 

・本を読むのは好きだが、読むのが遅くて時間が足りない

 

・もっと多くの情報を効率的に取り入れたい

 

・じっくり時間をかけて読んだのに、内容をすぐ忘れてしまう

 

本作品は、このような読書の悩みを抱えている方、読むのが遅いと自覚している方に
今よりもっと多くの本を、テンポよく読めるようになる方法をご紹介する画期的な一冊です。

 

実は、本作品の著者である印南氏も、かつては1ページ読むのに5分もかかる「遅読家」だったと言います。

 

しかし、今では数々のニュースサイトに、月60本近くのブックレビュー記事を寄稿しており、
年間700冊という多読を実現しています。

 

では、どのようにしてこんなにたくさんの本を、早く読めるようになったのでしょうか。

 

本作品では、自らも「遅読家」であった著者がいかにして読むペースを速め、
より多くの本の内容を取り入れることができるようになったのかを、
誰でも実践できる方法でご紹介しています。

 

本作品の読書に対する考え方、本との取り組み方を身につけることで、
1冊をなかなか読み終えることができず、読みたい本がどんどんたまる「積ん読」状態が解消し、音楽を聴くように本がどんどん読める「フロー・リーディング」の習慣が身につくことでしょう。

 

はじめから読むのが速かったわけではない人の体験談をもとにした方法論は、
きっと「読むのが遅い」と自覚しているあなたにも納得感があり、実践すれば効果を発揮することでしょう。

 

本作品とともに本を流れるように読み進められる習慣を身につけ、人生をもっと豊かなものにしていきましょう。

オーディー

「2パターン以上の読書リズムを持つこと。

 

じっくり読むときの「基本モード」1.5倍速の「中速モード」、2倍速の「高速モード」というように、自分が読み易いペースをいくつか用意しておき、本によって使い分けていくのです。」

 

本書で述べられているこの方法は現在の私の読書スタイルのベースとなりました。

 

数ある読書術の中でも、私に一番しっくりきた著書です。

「遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣」を聴く

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

著者 小林昌平
ナレーター 河口薫
再生時間 06:36:09
3倍速で聴いた場合 02:12:03
1,705円→800円 税込(53%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

「将来が不安」「お金がほしい」「死ぬのが怖い」
これらの現代人の悩みははるか昔から私たちを苦しめていた人類共通の悩みです。

 

であるならば、哲学者や思想家と呼ばれる、思考そのものを生業とする人たちが、これらの悩みに答えを出しているはずです。

 

平易な言葉で哲学を学べて、あなたの悩みが解決します。

 

■仕事

「将来、食べていけるか不安」⇒アリストテレスが答えを出しています。

「忙しい。時間がない」⇒アンリ・ベルクソンが答えを出しています。

「お金持ちになりたい」⇒マックス・ウェーバーが答えを出しています。

「やりたいことはあるが、行動に移す勇気がない」⇒ルネ・デカルトが答えを出しています。

「会社を辞めたいが辞められない」⇒ジル・ドゥルーズが答えを出しています。

 

■自意識・劣等感

「緊張してしまう」⇒ゴータマ・シッダールタ(ブッダ)が答えを出しています。

「自分の顔が醜い」⇒ジャン= ポール・サルトルが答えを出しています。

「思い出したくない過去をフラッシュバックする」⇒フリードリヒ・ニーチェが答えを出しています。

「自分を他人と比べて落ちこんでしまう」⇒ミハイ・チクセントミハイが答えを出しています。

「他人から認められたい。チヤホヤされたい」⇒ジャック・ラカンが答えを出しています。

「ダイエットが続かない」⇒ ジョン・スチュアート・ミルが答えを出しています。

「常に漠然とした不安に襲われている」⇒トマス・ホッブズが答えを出しています。

「人の目が気になる」⇒ミシェル・フーコーが答えを出しています。

 

■人間関係

「友人から下に見られている」⇒アルフレッド・アドラーが答えを出しています。

「嫌いな上司がいる。上司とうまくいっていない」⇒バールーフ・デ・スピノザが答えを出しています。

「家族が憎い」⇒ハンナ・アーレントが答えを出しています。

 

■恋愛・結婚

「恋人や妻(夫)とけんかが絶えない」⇒ゲオルク・W・F・ヘーゲルが答えを出しています。

「不倫がやめられない」⇒イマヌエル・カントと親鸞が答えを出しています。

「大切な人を失った」⇒ジークムント・フロイトが答えを出しています。

 

■人生

「やりたいことがない。毎日が楽しくない」⇒道元が答えを出しています。

「人生の選択に迫られている」⇒ダニエル・カーネマンが答えを出しています。

「夜、孤独を感じる」⇒アルトゥール・ショーペンハウアーが答えを出しています。

 

■死・病気

「死ぬのが怖い」⇒ソクラテスが答えを出しています。

「人生がつらい」⇒マルティン・ハイデガーが答えを出しています。

「重い病気にかかっている」⇒ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインが答えを出しています。

オーディー

哲学と言えば「人生が変わる哲学の教室」もおすすめですが、こちらのオーディオブックもとっつきにくい哲学というジャンルを、人が当然持つ悩みを解決するという切り口から哲学を紹介することで、哲学がより身近に感じられる内容になっています。

 

例えば、「仕事を辞めたいけど辞められない」「なぜなら、辞めたあとの収入がどうなるか分からない」といった不安を抱えながら、日々の仕事を続けている人は多いのではないでしょうか。

 

こういった時、西欧諸国では宗教感を通じて自分なりの解決をしたりするわけですが、日本人は宗教に頼るといったことはあまりしません。

 

だからこそ、最近はオンラインサロンのような似通った価値観を持った人が集まるコミュニティが流行るのかもしれません。

 

何が正しいのかは一概には言えませんが、オンラインサロンが全ての人に正しい答えを出してくれるわけではありませんが、哲学は悩みの解決の一助になることは間違いありません。

 

なにかに悩んだ時には、まずは哲学に頼ってみるのもいいのではないでしょうか。

「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」を聴く

ITビジネスの原理

著者 尾原和啓
ナレーター サカウエ稔
再生時間 04:26:58
3倍速で聴いた場合 01:28:59
1,540円→800円 税込(48%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

★オーディオブック化を記念して、著者・尾原和啓氏と、audiobook.jpを運営するオトバンク社長・久保田裕也による特別対談を巻末に収録!

インターネット、オーディオブック、本、情報などについて繰り広げられる、audiobook.jpでしかお聴きいただくことができない貴重な「会話」をぜひお聴きください。

 

ネット書店をはじめとして話題沸騰、LINE元社長・森川氏も「ネットのバイブル」と大絶賛!

 

マッキンゼー、リクルート、Google、楽天と、10職以上を経験した尾原和啓氏が、
インターネットとITビジネスの仕組みについて、初心者でも分かりやすく解説します。

これまでの20年、そしてITが目指すべきこれからの10年を語る本作品を通して、
人々の生活を大きく変えてきた多くのITビジネスの真髄に迫り、未来について考えてみませんか?

 

パズドラ、フェイスブック、LINEなど、数年前まで存在しなかったビジネスモデルが短期間で成長し、
今では人々にとってなくてはならないものになったのは何故でしょうか?

 

その答えは本書をお聞きいただくことで、深く理解することができることでしょう。

 

本作品は、マッキンゼー、リクルート、Google、楽天と10色以上を経験し、
多くのプラットフォームに関わってきた尾原氏が見聞きし、また多くの人と会話を重ねてきた
ITビジネスの原理について、じっくりと解説を行った1作です。

 

Amazonと楽天の決定的な違い、ヤフーが勝ち取った「純粋想起」の原理。

多くの人の生活に浸透しているこれらの企業のビジネスの神髄を知ることで、
業界を俯瞰する視点を持つことができ、人々の心をつかむビジネスについて考えを深めることができることでしょう。

 

これから起きるインターネット革命は、
「ギガビット・インターネット」、「ウェアラブル」にあると筆者は考えています。
そして、それらが人々を成長させ、豊かにしていくだろう、と。

 

問題は、私たちがそれらを使いこなせるかどうかにかかっています。

 

専門用語を多用しておらず、平易な日本語で表現している本作品なら、文系・理系問わず、
インターネットとITビジネスというものについて、基礎から一気にその全体像を把握することができることでしょう。

 

ITと聞くだけで嫌気がさしてしまっていた方にも、既にITを使いこなしている方にもお聴きいただきたい、
ITビジネスの歴史と新潮流について広く・深く理解することができる教科書のような作品です。

 

人々の生活がインターネットでさらなる変化を遂げていく未来について、考えるきっかけとなることでしょう。

オーディー

5年経った今でも通用する内容です。

 

そこには時代が変わっても変わらないインターネットに対する考えたと使い方を知ることができ、そして変化の激しいITビジネスの未来を予測することにも役立ちます。

「ITビジネスの原理」を聴く

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール

著者 尾原和啓
ナレーター 市村徹
再生時間 04:45:21
3倍速で聴いた場合 01:35:07
1,650円→800円 税込(51%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

起業家・けんすう(古川健介)氏、 YouTuber・ヒカキン氏、絶賛!

 

「AI以後」「人生100年時代」の働き方を先駆けて実践するITのエヴァンジェリストが圧倒的な経験をベースに記す新・仕事論。

 

◇会社の外に居場所が見つかる! だから会社でも冒険できる!

 

◇AIにもブラック企業にも負けない「働き方のヒント」がここにある!

 

◇『ITビジネスの原理』『ザ・プラットフォーム』『モチベーション革命』と、3作連続Kindle総合1位の著者の最新作

 

私たちはいま、AIにより既存のビジネスが破壊される一方で、
「人生100年時代」と言われるほどに寿命が延びる時代を生きています。

 

会社が10年後に残っている保証はないし、あったとしても、一生同じ会社に勤める人はきっと激レアな存在になるはずです。

 

これからは、誰もが一度は、転職やフリーランスを経験するようになるでしょう。

 

本書は、そうした新時代にあわせてまとめられた、
あらゆるチーム・どんな職場でも使える、自由に生きるための超実践的な仕事術です。

 

Google、マッキンゼー、リクルート、楽天など12回の転職を重ね、
「AI以後」「人生100年時代」の働き方を先駆けて実践する著者が、
その圧倒的な経験の全てを込めました。

オーディー

橘玲先生の「働き方2.0vs4.0」で紹介されていた本書。

 

著者の尾原和啓さんは、本書の他にも「ITビジネスの原理」「モチベーション革命」、最近では「アフターデジタル」と、ビジネスマン必読の書籍を書かれています。

 

目まぐるしく働く現代においても変わらない原則があります。

 

本書で述べられているその基本の中でも、私が特に印象に残っているのが、
「ギブ&テイク」ではなく、さらに一歩進めて、「ギブギブギブギブギブ&ギブ」でちょうどいい。

 

見返りを求めることなく、自分の経験やスキルを他人にシェアすることで、新しい経験を手に入れることができるというのが著者の主張です。

 

いかがですか?

 

今や、ノウハウや情報の価値がどんどん下がっています。重要なのは、実践できるかどうかです。

 

価値の下がるノウハウや情報をシェアすることで、新たな経験が得られるのであれば、シェアするに越したことはなないですよね。

 

そんな今を生きる私達へのヒントが満載です。

「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール」を聴く

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください