【2月22日】audiobook.jpおすすめのオーディオブックセール情報

2月22日のaudiobook.jpセール情報

読書もいいですが漫画を読むのもいいですよね。

私が好きな漫画の一つに「宇宙兄弟」があります。

昨日、その宇宙兄弟の最新巻が発売されました。

宇宙兄弟ファンにとって、とても感動的なシーン満載の巻だったのですが、
ネタバレしない程度にそこで印象的だった言葉をご紹介したいと思います。

「ゴールラインは次へのスタートラインだ」

人は何か目標があると頑張れますよね。

しかし、いざその目標を達成してしまうと、パタンとそれまでのモチベーションを失ってしまうことも珍しくありません。

そんな時、この言葉には重みが出ます。

オリンピックで何連覇もしている人は本当にすごいですよね。

常に次のゴールを見続けること。

なんとなく停滞してしまった生活にもう一度刺激を与えてみたいと思ったのでした。

それでは本日のaudiobook.jpお買い得オーディオブックをお届けしてまいります。

ラインナップ
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
1,650円→800円 税込(51%オフ)

 

学びを結果に変えるアウトプット大全
1,595円→800円 税込(49%オフ)

 

LOVE理論
1,540円→800円 税込(48%オフ)

 

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています
1,705円→800円 税込(53%オフ)

 

人間関係をリセットして自由になる心理学
1,320円→800円 税込(39%オフ)

 

福岡市を経営する
1,650円→800円 税込(51%オフ)

 

伝えることから始めよう
1,760円→800円 税込(54%オフ)


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

著者 岸見一郎,古賀史健
ナレーター 小林範雄,市村徹
再生時間 07:16:33
3倍速で聴いた場合 02:25:31
1,650円→800円 税込(51%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

80万部突破!今最も読まれているビジネス・自己啓発書のベストセラー。

 

レビュー数が大変多い中でAmazonレビュー4.5以上を維持する高い評価を受ける、自己啓発書の金字塔になる作品です。

 

分かりやすい言葉で展開される対話から、今までのあなたの考え方に衝撃を与え、人生を前向きなものへと一変させる真理に出会えます。

 

あなたはどうして不自由を感じてしまうのか、幸せにになることができないのか。

 

それはあなた自身が“幸せにならない”という決断をしていたからだったのです。

 

ユング、フロイトと並び、心理学の三大巨頭のひとりと評されるアドラーの教えを青年と哲人の会話で再現する対話篇で、
あなたが今まで幸せになることができなかった本当の理由を解き明かします。

 

自分の意見を噛み殺している。不自由だと感じながらも、本心で生きることができない。

 

人にどう思われるか、どう見られているかが気になってしまう。

 

まわりの様々な人との関係の中で、このように自分の心の思うままに振る舞うことができずに悩んでいる人は少なくないでしょう。

 

そんな多くの人に、一つのシンプルな回答をもたらすのが本作品です。

 

本作品は、青年と哲人の対話篇の形式を取り、「人は幸福になれるか」「人は変われるか」という青年の問いかけに
「もう一つの哲学」を授けようと語り始めた哲人の言葉を通して、
心理学の三大巨頭のひとりとされるアドラーの思想を知ることができるようになっています。

 

アドラーの思想の大前提となるのは、「全ての悩みの根源は人間関係によるものである」という考え方。

 

人間関係に悩み、他者からの評価や他人との違いを気にしていると、
あらゆる場面で「他者との関係で傷つかない方法」を選択するようになります。

 

しかし、対人関係から自由になりたいと願っても、この世界では、全ての関係から解放されることは不可能です。

 

この社会の中で悩みながら生きる私たちにアドラーが示した答えは、“嫌われる勇気”を持つ、ということでした。

 

「嫌われる勇気」を持つことで幸せに生きていける、というのはいったいどういうことなのか。

 

実際に「嫌われる勇気」を持って生きるためには、私たちはどのような生き方をすればよいのか。

 

そして、幸福になりたいと望んでいる私たちを知らぬ間に束縛しているもの、自由を奪っているものはいったい何なのか。

 

このような問いに、分かりやすい言葉や例を用いながら答えていく哲人と、哲人を論破しようとする青年との対話を
聴き進めていくうちに、あなたが今日から変わるための方法が具体的に見えてきます。

 

私たちが「変わりたい」と思っても変われないのは、
多少の不満があろうとも、結果的には「ここのままの私」でいるほうが傷つかないと思い込んでいるためです。

 

あなたも、本作品を読み進めるうちに、自分で「変わらない」という選択をしてきたことに思い当たることでしょう。

 

真に自分が望む人生のために生きたいと願うのなら、ほんの少しだけ“勇気”を持つ必要があります。

 

幸せに生きるために何が必要なのかを、シンプルに考え直してみるきっかけとなる本作品に触れることで、
あなたは今度こそ、自分自身の人生を生きるために歩き出すことができるでしょう。

 

「過去は今後のこととは関連性がない」アドラーは語ります。

 

過去のことはどうでもいいのです。

 

幸せに生きるために、これから新しい人生を始めようと本気で決心したその時から、あなたの人生はまさに変わり始めるのです。

 

多くの人が感銘を受けて「人生が変わった」と語る本作品を聞いて、あなた自身の人生を大きく前に動かす一歩を踏み出してみませんか?

オーディー

アドラー心理学を一気に世に広めた大ベストセラー。

 

私の周りにもこの本を読んで人との付き合い方、考え方が変わったという人がいます。

 

私自身も自分の思い込みによる悩みが、実は全く違う原因によるものだったという発見がありました。

 

もしまだ読んでいらっしゃらなかったらぜひオーディオブックで聴いてみてください。

「嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え」を聴く

学びを結果に変えるアウトプット大全

著者 樺沢紫苑
ナレーター 清水圭吾
再生時間 07:52:43
3倍速で聴いた場合 02:37:34
1,595円→800円 税込(49%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

発行部数40万部突破! Amazonビジネス実用カテゴリー1位!

 

説明・アイデア・雑談・交渉など……
すべての能力が最大化する。

 

日本一情報を発信する精神科医が贈る、
脳科学に裏付けられた、伝え方、書き方、動き方

 

「メルマガ、毎日発行13年」「Facebook、毎日更新8年」

 

「YouTube、毎日更新5年」「毎日3時間以上の執筆11年」

 

「年2~3冊の出版、10年連続」「新作セミナー、毎月2回以上9年連続」
……日本一アウトプットしている医師である、ベストセラー作家・樺沢紫苑が
圧倒的に結果が変わる「アウトプット術」を大公開。

 

<CHAPTER1 アウトプットの基本法則【RULES】>
■アウトプットとは? アウトプットの定義
■アウトプットの基本法則
■アウトプットの6つのメリット 他

 

<CHAPTER2 科学に裏付けられた、伝わる話し方【TALK】>

伝える/挨拶する/雑談する/質問する

依頼する/断る/プレゼンする

議論する/相談する/ほめる/叱る

説明する/自己紹介する 他

 

<CHAPTER3 能力を最大限に引き出す書き方【WRITE】>

上手な文章を書く/速く文章を書く/文章を構成する

速く入力する/気付きをメモする/ひらめく

ノートをとる/構想をまとめる/プレゼンスライドをつくる

引用する/要約する/目標を書く/メールを送る 他

 

<CHAPTER4 圧倒的に結果を出す人の行動力【DO】>

続ける/教える/集中する/チャレンジする

始める/やってみる/楽しむ/決断する/率いる

笑う/泣く/「怒り」をコントロールする

眠る/運動する/危機管理する/時間管理する 他

 

<CHAPTER5 アウトプット力を高める7つのトレーニング法【TRAINING】>

その1■日記を書く

その2■健康について記録する

その3■読書感想を書く 他

オーディー

私は読書やオーディオブックが好きで、また、分からないことはすぐに調べないと気がすまないたちです。

 

つまりかなりの「インプット好き」なのですが、そのインプットした情報について、いざ人に説明するとなると、うまくできないことも往々にしてあるのです。

 

本書は精神科医として、10年連続で年2冊以上の本を書き、メルマガを13年間毎日発行、動画を1500本以上アップし続けるなど数々の活動を行われている方によるものです。

 

まさしく著者自身が凄まじい量のアウトプットを出しており、多くの人がインプット:アウトプット=7:3のように、「アウトプットよりもインプット過剰になっている」中で、逆の比率、つまり、インプット:アウトプット=3:7にしようと述べています。

 

それは多くの研究結果で、その比率を実施している人が一定の成果を上げているということからも実証されています。

 

勉強も仕事もインプットが大半になってしまっていませんか?

 

上述のように私もそんな一人なのですが、仕事や勉強のみならず、好きな読書もアウトプットを意識したものに変えていきたいと思っております。

「学びを結果に変えるアウトプット大全」を聴く

LOVE理論

著者 水野敬也
ナレーター ワクオ タカフミ
再生時間 04:56:03
3倍速で聴いた場合 01:38:41
1,540円→800円 税込(48%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

女性からも「使える! 」と絶賛された、男のための恋愛マニュアル。

 

「義務教育に、恋愛を!」をモットーに、
恋愛に悩める老若男女を正しい恋愛へと導く熱血体育教師・水野愛也が独自に展開する恋愛理論、それが「LOVE理論」。

 

女が本当に求めている優しさを解説した「うわっつらKINDNESS理論」、出会いを増やすために知っておかなくてはならない
「日本代表理論」、そして、女の心と体の秘密を書いた「DK(ディープキス)心変わり理論」などなど、恋愛のあらゆる場面で使える理論が満載。

「笑える! 」のに「実際使える! 」恋愛のノウハウを説いた実用書にも関わらず、最後は感動もあり、女性からも支持・絶賛。

 

■著者コメント 「恋愛マニュアル」と聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?
その多くは「モテない人が読む」「持っていて恥ずかしい」というネガティブなイメージだと思います。

 

僕自身も学生時代、恋愛マニュアル本は本棚の奥に閉じ込め、最前列には「ドフトエフスキー」や「ニーチェ」「カフカ」など、恥ずかしくない本たちが並んでいました。

 

しかし、同時に、そうしなければならない自分を残念に思っていました。

 

というのも、「恋愛」は、当時の自分にとって最も大きな問題であったからです。

 

そして、学生時代だけではなく、人生のパートナー選びという意味でも、恋愛は人生における最重要の分野の一つだと思います。

 

この大いなる矛盾  「みんなが学ぶべきあるにもかかわらず、学びづらい分野」を変えるために、恋愛体育教師というキャラクターと本書「LOVE理論」は生まれました。

 

面白くて、持っていても恥ずかしくなく、それでいて、マニュアルとしての高度なノウハウが詰まっている。

 

その目標に向けて作られた本書は、幸運にも多くの読者に恵まれました。

 

今回「新装版」にあたっては、新たな恋愛理論として

■最新ITツールを駆使した恋愛理論「IT理論」

 

■実践する難易度は高いが、すべての女性を必ず魅了できる「ハードルアゲアゲ理論」

 

■彼氏のいる女性を振り向かせる恋愛理論「天下人理論」
を書き下ろしました。

 

まだお読みになっていない方はぜひ一度手に取ってみてください。
「恋愛マニュアル」の新たな可能性をお見せできると思います。

オーディー

一人の女性に誠心誠意を尽くし、好意を伝える。

 

それ自体は悪いことではありません。

 

しかし、なぜか往々にしてその行動で女性を振り向かせることはできない。

 

むしろ、きもいと思われることが多かったりするのが現実です。

 

もちろん、女性から直接きもいなんて言われることはありませんが、その気持ちは結局「避けられる」といった行動に現れます。

 

本書では女性との恋愛に役立つ理論が数々登場しますが、先程の「一人の女性に誠心誠意を尽くし、好意を伝える」という行動がいかに逆効果であり、それに対する取るべき行動が「○○」理論として紹介されています。

 

このように役立つ内容が理論というかたちで分かりやすく理論というかたちでまとめられおり、さらに、水野敬也という希代のお笑いエッセンスを持った作家の文章と相まって、絶妙に面白い恋愛指南書になっています。

 

内容とユーモアがここまで見事に融合した本は他にないのではないかと思います。

 

本書で紹介されている理論はいずれも現実で実践できるものであり、女性との恋愛に悩む男性にはすぐにでも試したくなるはずです。

「LOVE理論」を聴く

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

著者 小林昌平
ナレーター 河口薫
再生時間 06:36:09
3倍速で聴いた場合 02:12:03
1,705円→800円 税込(53%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

「将来が不安」「お金がほしい」「死ぬのが怖い」
これらの現代人の悩みははるか昔から私たちを苦しめていた人類共通の悩みです。

 

であるならば、哲学者や思想家と呼ばれる、思考そのものを生業とする人たちが、これらの悩みに答えを出しているはずです。

 

平易な言葉で哲学を学べて、あなたの悩みが解決します。

 

■仕事

 

「将来、食べていけるか不安」⇒アリストテレスが答えを出しています。

 

「忙しい。時間がない」⇒アンリ・ベルクソンが答えを出しています。

 

「お金持ちになりたい」⇒マックス・ウェーバーが答えを出しています。

 

「やりたいことはあるが、行動に移す勇気がない」⇒ルネ・デカルトが答えを出しています。

 

「会社を辞めたいが辞められない」⇒ジル・ドゥルーズが答えを出しています。

 

■自意識・劣等感

 

「緊張してしまう」⇒ゴータマ・シッダールタ(ブッダ)が答えを出しています。

 

「自分の顔が醜い」⇒ジャン= ポール・サルトルが答えを出しています。

 

「思い出したくない過去をフラッシュバックする」⇒フリードリヒ・ニーチェが答えを出しています。

 

「自分を他人と比べて落ちこんでしまう」⇒ミハイ・チクセントミハイが答えを出しています。

 

「他人から認められたい。チヤホヤされたい」⇒ジャック・ラカンが答えを出しています。

 

「ダイエットが続かない」⇒ ジョン・スチュアート・ミルが答えを出しています。

 

「常に漠然とした不安に襲われている」⇒トマス・ホッブズが答えを出しています。

 

「人の目が気になる」⇒ミシェル・フーコーが答えを出しています。

 

 

■人間関係

「友人から下に見られている」⇒アルフレッド・アドラーが答えを出しています。

 

「嫌いな上司がいる。上司とうまくいっていない」⇒バールーフ・デ・スピノザが答えを出しています。

 

「家族が憎い」⇒ハンナ・アーレントが答えを出しています。

 

 

■恋愛・結婚

「恋人や妻(夫)とけんかが絶えない」⇒ゲオルク・W・F・ヘーゲルが答えを出しています。

 

「不倫がやめられない」⇒イマヌエル・カントと親鸞が答えを出しています。

 

「大切な人を失った」⇒ジークムント・フロイトが答えを出しています。

 

■人生

「やりたいことがない。毎日が楽しくない」⇒道元が答えを出しています。

 

「人生の選択に迫られている」⇒ダニエル・カーネマンが答えを出しています。

 

「夜、孤独を感じる」⇒アルトゥール・ショーペンハウアーが答えを出しています。

 

■死・病気

「死ぬのが怖い」⇒ソクラテスが答えを出しています。

 

「人生がつらい」⇒マルティン・ハイデガーが答えを出しています。

 

「重い病気にかかっている」⇒ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインが答えを出しています。

オーディー

哲学と言えば「人生が変わる哲学の教室」もおすすめですが、こちらのオーディオブックもとっつきにくい哲学というジャンルを、人が当然持つ悩みを解決するという切り口から哲学を紹介することで、哲学がより身近に感じられる内容になっています。

 

例えば、「仕事を辞めたいけど辞められない」「なぜなら、辞めたあとの収入がどうなるか分からない」といった不安を抱えながら、日々の仕事を続けている人は多いのではないでしょうか。

 

こういった時、西欧諸国では宗教感を通じて自分なりの解決をしたりするわけですが、日本人は宗教に頼るといったことはあまりしません。

 

だからこそ、最近はオンラインサロンのような似通った価値観を持った人が集まるコミュニティが流行るのかもしれません。

 

何が正しいのかは一概には言えませんが、オンラインサロンが全ての人に正しい答えを出してくれるわけではありませんが、哲学は悩みの解決の一助になることは間違いありません。

 

なにかに悩んだ時には、まずは哲学に頼ってみるのもいいのではないでしょうか。

「その悩み、哲学者がすでに答えを出しています」を聴く

人間関係をリセットして自由になる心理学

著者 メンタリスト DaiGo
ナレーター 市村徹
再生時間 03:41:07
3倍速で聴いた場合 01:13:42
1,320円→800円 税込(39%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

「トモダチ」は、たくさんいらない! !

あなたに必要なのは、「30人」とのつながり!

人間関係は「選択」と「カット」でより充実したものになる。

 

やっかいな人、めんどうな人、苦手な人に、
つい振り回されてしまうのはなぜなのか。

 

人間関係を自分で選択することで、
他人に振り回される不本意な人間関係から抜け出し、
自分自身の人生を手に入れる方法を解説。

 

あなた自身の人生を取り戻せば、
仕事の成功、心身の健康、最高の幸福感が手に入れられる。

 

どのようなメンタルをつくり、
人間関係をいかに選択し、さらには「処分」していくのか。

 

あなたの人生を充実したものにしてくれる
「30人とのつながり」の見つけ方を説く。

 

特別付録として、
人間関係を変えるための8週間ワークを収録。

オーディー

私たちにとっての悩みは人間関係に由来するものがほとんどだったりします。

 

何かしら社会と関わるということは、どうしても人と関わることになりますし、まったく人と関わらずに生きていくのは非常に困難です。

 

そして、むやみに人間関係を広げ、本来付き合いにくい人とも関係を保ち続けてストレスをためることは、実は喫煙よりも害が大きいと本書で触れられています。

 

かと言って、人間関係で悩む多くの人にとって、苦手な人ときっぱり関係を断っていいものか心配になるのは当然でしょう。

 

本書では科学的な根拠のある人間関係の構築方法について知ることができます。

 

人間関係に悩む、もしくは良い人間関係を作っていきたいと思う全ての人に聴いてほしい1冊です。

「人間関係をリセットして自由になる心理学」を聴く

福岡市を経営する

著者 高島宗一郎
ナレーター 市村徹
再生時間 05:46:45
3倍速で聴いた場合 01:55:35
1,650円→800円 税込(51%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

落合陽一氏推薦!
「この本には、ぼくらの未来と日本を再興するヒントが詰まっている」

 

地方局アナウンサーから史上最年少36歳で福岡市長に就任、
逆風のスタートから、いかにして福岡を最強と言われる都市に改革していったのか?

 

博多駅前道路陥没事故からの復旧や、
熊本地震の際のSNS活用方法をはじめとした取り組みで
注目を集める高島市長は、まさしく福岡市の“経営”者。

 

そんな彼の経営論・仕事論・人生論が詰まった、初の著書!!

 

◆福岡市は今、こんなにすごい! ◆

 

・人口増加率は東京を抜いて1位

 

・地価上昇率は東京都や大阪府の約2倍

 

・政令指定都市で唯一、5年連続で税収が過去最高

 

・スタートアップ開業率は4年連続7%台(政令指定都市唯一)

 

・国際会議などの開催件数、8年連続政令指定都市中1位

オーディー

博多駅前の道路陥没事故。

 

まだ記憶に新しいあの衝撃的な映像を覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

当時の福岡市長を務めていたのが本書の著者である高島宗一郎氏です。

 

史上最年少36歳で福岡市長に就任した彼の前には、想像に難くない数々のハードルがやってきます。

 

特に既得権益との戦いを経て数々の改善を行い福岡市を魅力的な都市に育てられているのは、一重に彼の努力があったからです。

 

エンツォ・フェラーリの日本人デザイナーの奥山清行氏がかつて「いつ来るか分からない15分のために常に準備をしているのがプロ」と述べていますが、高島氏も本書で同じようなことを述べています。

 

結果を出すためには常に準備をしておくこと。そんな学びを本書から得ることができます。

「福岡市を経営する」を聴く

伝えることから始めよう

著者 高田明
ナレーター 清水圭吾
再生時間 06:52:37
3倍速で聴いた場合 02:17:32
1,760円→800円 税込(54%オフ)

作品紹介

(audiobook.jpより引用

なぜ高田明が語ると伝わるのか?

ジャパネットたかた創業者による初の自著がオーディオブック化!

 

家業のカメラ店の手伝いで観光写真を撮っていた時代から
年商1700億円超の日本一有名な通販会社をつくり、「卒業」するまで。

 

そして、今伝えたい一番大切なこと。

 

テレビショッピングで全国に商品の魅力を語り続けた男の半生と、その「伝える」力の秘密を明らかにする一冊です。

 

本書は、テレビショッピング「ジャパネットたかた」で長年みずからプレゼンターを務め、
商品の魅力を伝え続けてきた創業者・高田明が、
自らの半生を振り返りつつ、「卒業」までの1年間に考え、社員に伝えてきたことのエッセンスをまとめた一冊です。

 

著者の声をテレビで聞いたことがある方は非常に多いことでしょう。

 

商品の魅力を伝える通販番組で、視聴者に向けて発信をし続けてきた著者にとって、
相手に思いを伝える、ということはとても重要なテーマでした。

 

相手に伝えたつもりが、ちっとも伝わっていない。
そんな状況が起きているのは、商品を販売するシーンに限りません。

 

本書で語られている「伝わるコミュニケーション」についてのノウハウは、
ビジネスの世界だけでなく、政治や外交、教育、医療など、世の中のさまざまな場面で活用でき、
様々な問題を解決するヒントを与えてくれることでしょう。

オーディー

ご存知、ジャパネットたかた社長の高田明さんによる初の自著です。

 

普段から決して飾ることのないたかた社長が、どうしてジャパネットたかたをあそこまで大きな規模にできたのか。

 

それは「毎日を必死で生きた」ということに尽きると思います。

 

シンプルだからこそ続けることが難しいこの「毎日を必死で生きた」様子が
あの独特の語り口で語りかけてくるようなこのオーディオブックはぜひ聴いておいてほしいです。

「伝えることから始めよう」を聴く