オーディオブック配信サービス|オーディブルの【評判】が気になる方へ。実際どうなの?にちゃんとお答えします。

この記事のポイント
  • オーディブルは、「ながら聴き」「目にやさしい」「スキマ時間を活用できる」など好意的な評判が多い
  • 一方で、「退会・解約手続きが分かりにくい」という否定的な評判もある
  • オーディブルは、月額1,500円の元を取る使い方を知っておくのが大事

「オーディブルって実際どうなの?」「オーディブルを使ってる人はどう思っているの?」「月額1,500円はちょっと高くない?」

この記事ではオーディオブック歴4年、オーディブルを3年間使ってきたワタシのオーディブルに対する感想と、オーディブルを使っている他の方たちの評判をまとめて解説しています。

オーディブルを利用した後に、「そんなの知らなかったよ!」なんて後で後悔をしていただかないように、納得してオーディブルを使ってみたくなる内容になっています。

それでは早速、オーディブルを利用してる方たちの評判をみてみましょう。

オーディオブックの良さを感じるプラスの評判と退会手続きに対する不満のマイナスの評判が集まっているオーディブル

オーディブルの評判

Google Playでオーディブルの公式アプリに書かれているユーザーの方々のコメントをピックアップしてみました。

オーディオブックの良さを感じるプラスの評判

ながら読書もとい聴書は思ってる以上に快適で、内容も頭に入ってきます。 会員特典のコンテンツの短編文学と落語がすごくいいと思うので、もっとコンテンツが増えればなぁと思います。 尾上菊之助さんの朗読する「国宝」。これは必聴かと思います。すごく贅沢な時間を過ごせました。

子供を寝かしつけしている時間があまりにもったいなく、利用しはじめました。もっと読みたい本が増えてくれると嬉しいです。

速度をあげて空き時間に情報を頭に入れることができて、非常に良いです。40代半ばで老眼になってきて、小さい文字を読みにくくなってきたので、耳で聞くのがいいですね。

「ながら聴きができる」「子供の寝かしつけに使える」「目を酷使しない」「空き時間に情報をインプットすることができる」と、オーディオブックならではのメリットが好意的な評判に繋がっています。

オーディブルの退会・解約手続きに関するマイナスの評判

一方、否定的な評価はどうなっているでしょうか

退会しにくい悪質サービス。無料会員登録してみればわかります。一冊3,000円くらいです。何も買わなくても毎月1,500円取られます。忙しいから音声聞くより時間を作って本読んだほうが金も時間も効率いいですよ。 目が悪くてお金持ちの方には向いていると思います。

別の方も書かれているが、アプリからは退会できず、PCサイトで何回もクリックした先にある分かりにくい場所に退会ボタンがある。とりあえずお試しで聴いてみようと思う方は公開すると思うので注意。

本の種類が少なかったため、惹かれるタイトルが無かった。 また、退会フォームがアプリで完結せずPC版の奥底にある点が好きになれませんでした。

「聴きたいタイトルがない」という意見の他に、「退会がしにくい」という評判が非常に目立ちます。

「聴きたいタイトルがない」という点については、以前よりもオーディブルのラインナップは増えてきていますので、

聴きたいオーディオブックは必ず見つかるはずです。

【目的と悩みで探す】オーディブルのおすすめオーディオブック本100【2020年版】

一方で、コメントにもある通り、オーディブルは公式アプリからだと直接、退会・解約手続きができません。

退会・解約手続きをするには、公式ホームページから行う必要があります。

ユーザーの方たちが指摘されているように、この点については、オーディブルも改善してほしいですね。

MEMO

オーディブルは退会手続き方法を事前にしっかりと把握しておかないと、後で迷うことに。

オーディー

オーディブルの退会・解約手続きについては以下の記事で詳しく解説してあります。
【失敗しない】オーディオブック配信サービス「オーディブル」の解約・退会方法

オーディブルは月額1,500円だけど正しい使い方を知っていればとても楽しめる

次にオーディブルを使う上で気になるであろう2つの点について、ワタシなりにまとめてみました。

月額1,500円ってちょっと高くない?

オーディブルの月額利用料金は1,500円と確かに他のオーディオブック配信サービスと比べて高いです。

タップで拡大

おすすめオーディオブックサービスポジショニングマップ

 

毎月1冊の好きなオーディオブックと交換できるというオーディブルで、この月額1,500円の元を取るためには、定価が1,500円以上のオーディオブックと交換することが大事です。

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣(3,500円)

created by Rinker
¥3,500 (2020/09/25 03:28:35時点 Amazon調べ-詳細)
2019年間ビジネス書・実⽤書ランキング1位(BookLive調べ)、2019年間ベストセラー第1位(ビジネス翻訳書・⽇販調べ) 50万部突破!

藤沢数希「僕は愛を証明しようと思う。」(3,500円)

created by Rinker
¥3,500 (2020/09/24 15:15:09時点 Amazon調べ-詳細)
「恋愛なんて、ただの確率のゲーム。正しい方法論があるんだ」。恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされない二十七歳の弁理士、渡辺正樹は、クライアントの永沢にそう告げられる。

前田裕二「人生の勝算」(2,500円)

created by Rinker
¥2,499 (2020/09/25 03:28:36時点 Amazon調べ-詳細)
"今、最も注目される若き起業家が生きていくための路上ライブで身につけた人生とビジネスの本質をすべて明かす―。 SNS時代を生き抜く為に必要な〝コミュニティ〟とは何か。 SNSの次の潮流である、ライブ配信サービスの最前線はどこか。"

これらのオーディオブックはオーディブルでしか販売されていないので、1,500円で交換できれば大分お得です。

オーディー

オーディブルに登録したら1,500円以上のオーディオブックと交換するようにしましょう!

 

しかし、オーディブルでは他社のサービスでも売られているオーディオブックがあり、それらのオーディオブックが高めの値段設定になっているので注意です。

例えば、以下の3冊は「オーディブル」だけではなく、「audiobook.jp」でも販売されており、販売価格にかなりの差があります。

オーディブルaudiobook.jp差額
「変身」2,500円617円1,883円
「ぼくたちに、もうモノは必要ない。
– 断捨離からミニマリストへ -」
3,000円1,080円1,920円
「僕らが毎日やっている最強の読み方」3,100円1,512円1,588円
注意
オーディブルでオーディオブックを交換・購入する時には、必ず他のサービスで販売されていないかチェックするようにしましょう。

audiobook.jpはこちら

月に1冊しか交換できないとあまり聴けないんじゃないの?

「毎月1,500円でもらえるコインを好きなオーディオブックと交換する」という仕組みのオーディブルですが、「1ヶ月にたった1冊のオーディオブックというのはちょっと物足りない」ですよね。

そんな時におすすめなのが「Audibleステーション」です。

オーディブル会員は無料で聴ける音声コンテンツ

「Audibleステーション」はオーディブルの会員であれば無料で聴くことができる音声コンテンツです。

ビジネス、ニュース、お笑い、落語、ヒーリングなど様々なジャンルのチャンネルがあります。

例えば、お笑いジャンルでは、よしもと芸人が「声革命」をテーマとしてオーディブルのオリジナル企画を配信しています。

また、ビジネスジャンルでもなかなか聴きごたえのあるチャンネルが揃っており、学生から社会人の方までおすすめです。

一部、こちらでご紹介しておきましょう。

■NewsPicksアカデミア

ニュースピックスアカデミア

Audibleでチェック

【あらすじ・解説】

第一線の実践者によるMOOC(オンライン講義)、イベント、ゼミ、書籍、記事を通じて、最先端の実学を提供しているNewsPicksアカデミア。学び場として人気の高いオンライン講義のアーカイブ音声版。

■HORIE ONE

HORIE ONE

【あらすじ・解説】

NewsPicksで一行コメントが多いホリエモンが時事ニュースを丁寧に解説する「HORIE ONE」。毎月の話題のニュースに対する、堀江さんの忖度なしの解説が楽しめる。NewsPicksの人気動画コンテンツのアーカイブ・コンテンツをオーディオ版として配信。

Audibleでチェック

■20分で聴けるビジネス書チャンネル

flier

【あらすじ・解説】

Audibleで人気を博していた「今読むべきビジネス書」を1冊約20分で聴けるFlier(フライヤー)シリーズがAudible Stationに登場。時短で賢く最先端知識をキャッチアップ。

Audibleでチェック

オーディー

オーディオブックを聴き終えてしまったら、定期的に配信されているこれらのオーディオブックステーションを聴いて、1,500円の元を取りましょう!

返品制度を活用すれば損しない!

「聴いていたら思っていたよりつまらなかった・・・。」というようなことがオーディオブックをたくさん聴いていると時々あります。

特にオーディブルは1ヶ月に1冊しかオーディオブックを交換することができないため、せっかく交換したオーディオブックが思っていたのと違ったらショックですよね。

そんな時のためにオーディブルには「返品制度」があります。

これは、オーディブル会員のみが利用できる制度で、オーディブルで交換もしくは購入したオーディオブックを返品して、コインもしくは代金を返してもらうことができる制度です。

何度も交換・返品を繰り返すようなことはできませんが、この制度を利用すれば、たとえ1,500円を支払っていても安心してオーディオブックと交換することができますね。

オーディー

オーディブルでオーディオブックを返品する方法は以下の記事で詳しく解説しています!
オーディオブック配信サービス「オーディブル」で返品・交換をする方法と注意点

退会・解約の手続きを把握して、賢く活用すればマイナスの評判を気にせずオーディブルは楽しめる!

オーディブルに対する評判、みなさんがオーディブルを利用する時に気になるであろう疑問点とその答えをまとめてみました。

オーディブルは月額1,500円と少々高めの料金設定になっていますが、うまく利用すればオーディオブックを楽しむのに最適なサービスです。

今なら1ヶ月間無料で利用できますので、ぜひこの機会に試してみてくださいね。

Audible公式

最初の1冊は無料でもらえる!


無料体験登録はこちら

無料体験後はいつでも退会できます

「それでも月額1,500円は高いよ」って方は、audiobook.jpの聴き放題サービスもおすすめです。

こちらは月額750円でオーディオブックが聴き放題のサービスになっています。

audiobook.jp公式

月額750円でオーディオブックが聴き放題audiobook.jp公式アプリを今すぐ無料ダウンロード

今なら聴き放題プラン30日間無料!

オーディオブック

audiobook.jp 忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる

OTOBANK Inc.無料posted withアプリーチ

 

パソコンから聴き放題プランを登録するなら こちらから

 

無料トライアル中でも解約できます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください