【4月22日更新】 2019年版おすすめオーディオブック

オーディブルの【評判】が気になる方へ。実際どうなの?にちゃんとお答えします。

how-is-audible

Audibleがコイン制へと移行して約1ヶ月半が経とうとしています。

 

そんな中、ここ最近Audibleに関する情報が増えてきています。

 

これを機に、まだまだマイナーなオーディオブックがもっと広まればそれに勝る喜びはありません。

 

しかし、最近のAudible情報の増加には一つ理由があるように思えまして、
それはAmazonがAudibleの紹介キャンペーンを実施しているからなんですね。

 

どんな紹介キャンペーンかと言いますと、

あなたのブログでAudibleを紹介すると4,000円あげますよ!

ってキャンペーンなんです。

4,000円ですよ!

オーディオブックが2冊買えちゃいます!

そりゃみんな紹介しますよ。

 

とっても魅力的なキャンペーンなので、オーディーも「読ま恥」でもっと紹介したい!

 

「Audible最高!みんなもAudibleに登録すべきだよ!!」

って書きたい!!

 

ただ、ここで少し冷静になって、ちゃんと「Audibleのサービスとしての現状」を正直にお伝えした上で紹介しないと、嘘になってしまいます。

(インターネット上の記事とは言え嘘は簡単にバレますからね・・・)

 

果たしてAudibleって本当にお得なのか?を考えてみましたので、どうぞ最後までお付き合いください。

Audibleのコインって本当にお得なの?

 

まず、Audibleに登録すると毎月1枚コインをもらうことができます。

 

このコインはAudibleで好きなオーディオブック(Audible内ではボイスブックと呼ばれています)と交換することができます。

 

Audibleは月額1,500円ですから、1,500円以上のオーディオブックと交換できれば元は取れるということなりますね。

 

それでは実際にAudibleのオーディオブックはいくら位で販売されているかと言いますと、

 

例えば、フランツ・カフカの「変身」が2,500円で販売されています。

(会員になるとこれを1,500円で購入することができるのですが、この会員価格については後ほど改めてご説明します。)

 

つまり、2,500円のオーディオブックを1,500円で購入することができるので、1,000円もお得になりますよね!

 

他のオーディオブックも見てみましょう。

 

佐々木 典士さんの「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -」は、3,000円です。

 

池上 彰さんと佐藤 優さんによる「僕らが毎日やっている最強の読み方」は、3,100円です。

 

このようにAudibleで販売されているオーディオブックは大体1,500円以上で販売されていますので、十分に元は取れるようなっています。

当然ですよね。

誰が月額1,500円払って1,500円以下のオーディオブックと交換したいと思うでしょうか。

Audibleで販売されているオーディオブックの価格は妥当か

さて、上記であげたオーディオブックは、実はaudiobook.jpでも販売されています。

 

「値段もあまり変わらないんじゃないか?」

 

と思われますよね。

 

しかし、実際に比較してみると衝撃の結果を見ることができます。

 

以下は上記であげた3冊のaudiobook.jpでの販売価格です。(2018年10月19日現在)

フランツ・カフカの「変身」:617円

著者 フランツ・カフカ
ナレーター 入江崇史
再生時間 03:30:37

購入する

 

佐々木 典士さんの「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -」:1,080円

著者 佐々木典士
ナレーター 山田晴久
再生時間 06:32:51

購入する

池上 彰さんと佐藤 優さんによる「僕らが毎日やっている最強の読み方」:1,512円

著者 池上彰,佐藤優
ナレーター 和村康市,茶川亜郎
再生時間 06:44:36

購入する

分かりやすく表にしてみましょう。

Audible audiobook.jp 差額
「変身」 2,500円 617円 1,883円
「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -」 3,000円 1,080円 1,920円
「僕らが毎日やっている最強の読み方」 3,100円 1,512円 1,588円

 

さすがにこの差はどうなの?って思いませんか?

 

少なくとも私には、オーディオブック本来の価格というよりも、Audibleの1,500円という月額価格にあわせた値付けをしているように見えました。

 

ちなみに、Audibleの会員になるとこのオーディオブックが一律1,500円になるのですが、それと比較しても少々高いのではないかと思えます。

(Audibleの中には1,500円以下で販売されているオーディオブックもありますが、その場合は、会員価格は設定されておらず、そのままの価格で販売されています。)

それでもAudibleをお得に有効活用するなら

 

以上より、Audibleというサービスは

「月額1,500円払えば1,500円以上のオーディオブックと毎月1冊交換できるお得なサービス」

と一見思えます。

 

しかし、もしそのオーディオブックがaudiobook.jpのような他のサービスでも販売されているのであれば、一概にそうとは言えないということが分かりました。

 

ただし、そのオーディオブックがAudibleでのみ購入できる独占オーディオブックであれば、価格の正当性はさておき交換する価値はあるでしょう。

 

例えば、以下のオーディオブックは今の所、他のオーディオブックサービスでは販売されていません。

 

堀江貴文さんの「君はどこにでも行ける」(3,000円)

 

藤沢数希さんの「僕は愛を証明しようと思う。」(3,500円)
(彼の著作には賛否両論ありますのでおすすめするかは迷ったのですが、読み物としても面白いので取り上げておきました。)

 

前田裕二さんの「人生の勝算」(2,500円)

 

Audibleは今なら最初の1ヶ月は無料でお試しすることができますし、さらにAudibleには返品制度もあるので、

とりあえず1ヶ月無料で試して、「これだ!」と思えるオーディオブックを1冊じっくり選んで獲得した後に、解約するという方法 が現時点で一番賢いやり方なのではないでしょうか?

 

もちろん解約してもそのオーディオブックは手元に残ります。

 

返品制度とはなんぞや?というかたは以下の記事を参考にしてください。

コイン制audibleで返品・交換する方法コイン制Audibleでボイスブックの返品・交換をする方法を分かりやすく解説

※返品の数には上限があるようですが、そこまで極端な使い方をしなければ問題ないように思えます。

 

もちろん、他のサービスでは手に入れることができないAudibleでのみ販売されているオーディオブックが複数ほしい場合には、そのまま会員になってもいいでしょう。

 

この1ヶ月無料お試しキャンペーンはいつ終了するかはわからないので、今のうちにお試しされることをおすすめします。

 

もし、この記事がみなさんのお役に少しでも立ったのでしたら、以下からAudibleの無料お試し登録をしてみてくださいね。

いつでも退会できるAudibleの30日間無料体験はこちらから

(そうすると、オーディーに4,000円が・・・ゴニョゴニョ。もちろん、みなさんに一切料金は発生しませんよ。)

 

そして、もしAudibleを続けて利用することがなさそうなら、登録した30日以内に解約することを忘れずに。

Audibleの解約方法は以下にまとめてあります。

Audible(オーディブル)の解約・退会方法を分かりやすく解説

 

オーディーはこういった自動更新されるよなサービスは、更新日の1日前の日付をGoogleカレンダーで登録しています笑

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください