【4月22日更新】 2019年版おすすめオーディオブック

苦手な読書を身につける方法

「読書が大事なのは分かっているけどなかなか身につかない」
「読書よりも他のものを優先してしまう」

今回はそんな悩みにお答えする内容です。

この記事でお伝えすること
  • どうして読書を苦手と感じるのか
  • 読書ともっと気楽に向き合う
  • それでもしっかり本の内容を把握したい時

根っからの読書好きで本がないと落ち着かない!という人でしたら、そもそもこの記事を読んでいないでしょう。

恐らく、この記事を読んでいるのは、読書したいけどなかなか身につかないのに悩んでいる方々だと思います。

読書が身につかないという思いは一見簡単な悩みかもしれませんが、
その悩みを解決答えというのは見つけにくかったりします。

この記事を読んで頂ければきっと苦手な読書を身につけるヒントが見つかるはずです。

それは最後までどうぞお付き合いください。

どうして読書を苦手と感じるのか

まず、あなたはどうして読書を苦手に感じるのでしょうか?

それは、最初から最後までちゃんと読まないといけないと思いこんでいることが大きな原因の一つです。

私も最初はそうでした。

特に巷で流行っている本ですと、みんなが読んでいるんだから自分もちゃんと読まないといけないと思い、最初から最後までしっかり読もうとする。

それがすぐに読み終わる本だったらいいのですが、分厚い本だった場合、途中で挫折してしまうケースというのはよくあります。

そして挫折してしまったあなたは、
「みんなが読めている本が読めていない。自分には読書は向いていないんじゃないか」
という思い込みをしてしまい、
読書に対する苦手意識を一層強めてしまうのです。

しかし、思い出してみてください。

本を読み終わった時、印象に残っている部分って意外と多くないのではないでしょうか。

本を読みながらマーカーを引いたり線を引いたりしても、その部分は全く記憶に残っておらず
それこそたった一つの文章が印象的でその文章だけが記憶にずっと残っているということが多くありませんか?

つまり、本を全部読まなくても、たった一つでも記憶に残る文章を見つけることができたなら、読書は大成功なのです。

ある意味読書というのはあなたにとって大事な文章を見つける宝探しのようなものです。

読書ともっと気楽に向き合う

 

読書をしていて挫折してしまう多くの場合は、
たとえ心の中でつまらないと思っていても
「みんなが読んでいるんだから、自分もちゃんと読まないと」という気持ちで無理やり自分に言い聞かせて読もうとしています。

私は、その本がつまらないと思ったら途中で放り出していい、と思っています。

そして、1冊の本を最初から最後まで読まなくてもいいという態度でいつも読書をしています。

こう言うと、
「せっかくお金を出して買ったんだし・・」と
と思われるかもしれませんが、
世の中にはたくさんの本が出ており、自分に合わなそうな一冊の本に固執して、自分に合う本との出会いをなくすほうがよっぽどもったいないと思いませんか?

振り向いてくれない異性にいつまでも固執しているよりも、とっとと新しい出会いを探しに行った方がいいのです。

読書というのは、その時、そのタイミングで合う・合わないというものがありまして、
その時はつまらないと思った本も、何年後かに読み返してみると面白かったということがよくあります。

これは当たり前の話で、あなたがその間に培った経験や知識が更新され、本と対等に向き合うことができるようになっているからです。

つまり、その時に合わないと思ったら、とっとと放り出して他の本を探した方がいいのです。

それでもしっかり本の内容を把握したい時

 

しかし、そうは言っても「話題についていくためにも頑張って全部読みたい本がある」という方もいらっしゃると思います。

そういう時は、オーディオブックを活用しましょう。

オーディオブックは、章ごとにスキップはできますが、基本的には通しで聴くことになります。

そのため、嫌でも全部本を読むことになります。

ただし、オーディオブックはじっくり聴くものではありません。

空いているスキマ時間を利用して何度も聴くことをおすすめします。

そうしている内に、流し聴きしていてもなぜか耳に残るような部分が出てきます。

それを見つけられたらあなたとその本との出会いは成功だったと言えるでしょう。

オーディオブックを聴くなら「audiobook.jp」をおすすめします。

audiobook.jp公式サイト

audiobook.jpがなぜおすすめできるかは以下の記事で書きました。

オーディオブックならaudiobook.jp オーディオブックのおすすめは 「audiobook.jp」!「Audible」と比較して出た答え

そして、audiobook.jpであれば、巷で話題になっているような新書やビジネス書がオーディオブックになっていることが多いので、もし話題の本を全部ちゃんと読み込みたいという人はぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください