【 2019年版】おすすめオーディオブック50選

オーディオブックの正しい聴き方3つのコツ

オーディオブックという本を聴くという変わった性質上、有効に活用するためにはちょっとしたコツが必要だったりします。

今回は、そのコツについてご紹介します。

オーディオブックを正しく利用する3つのコツ

繰り返し何度も聴く

こちらの記事でも少し触れましたが、オーディオブックは繰り返し何度も聴くことで記憶への定着をはかれることが大きなメリットです。

読書というのは実際に手に本を持たないといけないため、いつでもどこでもできる訳ではありません。

一方でオーディオブックは音を聞く環境さえあればどんな所でも聴くことができます。

いつでもどこでも利用することができるので、本を聞いて触れ合う時間が大幅に増えます。

私の場合、職場のすぐ近くに住んでいるため、通勤電車に乗りながら聴くということはあまりないのですが、
職場への行き帰りの徒歩中はもちろん、趣味のトレーニング中や、料理を作っている時、シャワーを浴びている時(寝る前だけは、読書の方に時間を使っています)、車を運転する時など、空いている時間さえあればオーディオブックを聴いています。

ですので、音楽ももちろんいいのですが、気分を盛り上げたい場合を除いて、ほぼオーディオブックを聴いているという生活になっています。

倍速で聴く

オーディオブックのメリットにもデメリットにもなるものとして、最初から最後まで聴き通さないといけないという点があります。
そのため、1回読むまでの時間が読書よりも多くなってしまいがちなのですが、こちらは 倍速で聴く ことでカバーすることができるのです。

さて、この倍速についてですが、まずは 3倍速 で聴いてみて頂くことをおすすめします。

初めて体験するとあまりの速さに驚き、全く聞き取れないことあるのですが、安心して下さい。
なぜなら上記でも書いた通り、オーディオブックは繰り返し何度も聞くことを前提にしているからです。

一度3倍速で聞き終えたら 2倍 に落としてみましょう。
一度、3倍で聞いているためか、2倍だと難なく聞き取れると思います。

ここで1倍で聞かない理由は1倍だと読書の方が速いからです。個人差はあると思いますが、2倍にして初めて読書と同じ位のスピードになります。

そして、2倍で聞き終えたら、再び3倍にしてみましょう。
恐らく、最初に3倍で聞いた時よりも聞き取れるようになっていると思います。

そして、一部、聞き取れなくても、脳がその聞き取れない部分を補完しようとすることで、記憶への定着が高まると言われています。

この期、3.5倍、4倍とスピードを早くしていって、短い時間で1冊を全て聞き終えることができるようになると、1冊あたりにかける時間が少ないはずなのに、実際は1冊分に触れているというオーディオブックのメリット最大限生かした活用ができるようになるのです。

読書と同時に行わない

なぜオーディオブックを聴くのか?それは本の内容を聴いて頭にインプットするためです。

そのインプットするという目的を阻害するものと一緒に行うことはやめましょう。

例えば、読書。

読書をしながら、オーディオブックを聴いて2つの本の内容を同時にインプットできたらどんなにいいでしょう。

ただ、現実は厳しく、一部の方を除いて、一般人には中々難しいと思います。
特に男性は、電話をしながらテレビを見たりすると、どっちもあまり頭に入ってこなかったりしませんか?
男性はモノタスク脳、女性はマルチタスク脳と言われる所以ですね。

オーディオブックを聞きながら何かをしたい場合には、料理や、シャワー等、他にインプットをしていない状況で利用しましょう。

オーディオブックの活用術

コツを押さえてオーディオブックを上手く使いこなしましょう!

  • 何度も何度も繰り返し聴くことで記憶へ定着していく
  • 聴く時間の長さは倍速で取り戻す!
  • インプット作業と並行して聴くとインプットできないので注意!

これからオーディオブックを聴くならaudiobook.jpがおすすめです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください