【4月22日更新】 2019年版おすすめオーディオブック

オーディオブックは英語や外国語学習に効果あるのか

「英語を喋りたい!」
「道に迷っている外国人にかっこよく英語で道案内したい!」
「外国人の友達を作るために英語が話せるようになりたい」

学生から社会人の方まで、誰でも一度はそう思ったことがあるのではないでしょうか。

そして、いざ思い切ってスタートしたものの途中で挫折してしまう。

そんな経験も多くの人がしているでしょう。

僕もそんな一人です。

語学学習って継続するのは本当に難しいですよね。

「何とか楽に続けられる方法がないかを探した時に、英語を耳で聞き流して勉強することがでできないか?」

「オーディオブックはどうだろうか?」

やってみるとお分かり頂ける通り、まぁ身につきません笑

恐らく一度は聞いたことのあるだろうあのサービス「スピード◯ーニング」と同じですね。

あれで英語が身についたという人を僕は知りません。

ちなみに、私は、ネイティブレベルとは言えませんが、英語は日常会話レベルでしたら話すことはできます。

また、現在、中国語を勉強しており、会話はまだまだですがHSKの4級という試験は合格しております。

なぜオーディオブックでは英語を身につけることができないのか。

この記事ではその理由とオーディオブックの本来の使い方について解説していきます。

この記事でお伝えすること

  • オーディオブックは語学学習には向いてない
  • 語学の習得に向いている学習方法は?
  • オーディオブックに向いているジャンルは?

それでは、最後までどうぞお付き合いください。

オーディオブックは語学学習には向いてない

語学学習で多くの人がつまずいてしまう一番の理由は単語や文法の記憶ではないでしょうか?

記憶は単調作業の繰り返しになるので面白くもないですし、せっかく覚えたと思ってもすぐに忘れてしまう。

しかし、語学を上達させるにあたって、単語や文法の記憶は避けては通れないもので、語学学習が続けられない大きな理由がここにあります。

では、その記憶の作業をもっと楽に簡単にできたらいいのにと考えるのは、しごく当然だと思います。

「オーディオブックで英語を聴き流すだけでも英語が上達しないか?」

残念ながら、この問いに対しては「ノー」という研究成果が出ております。

The way we encounter reading material influences how frequently we mind wander

これはウォータールー大学で行われた研究で、
235人の被験者にビル・ブライソンの”A Short History of Nearly Everything”という書籍から抜粋されたものを、文字版と音声版の2パターンで試してもらったそうです。

結果はと言うと、以下のグラフのようになりました。

オーディオブックの研究結果
(The way we encounter reading material influences how frequently we mind wander より)

残念ながら、オーディオブックを聞く方法は読書よりも集中力が続かないという結果になりました。

さらに、文字で読むよりも音声のほうが内容を忘れやすく、本の内容への興味も薄かったそうだです。

それでは最も記憶への定着が良かった方法は何かと言うと、声を出して朗読したグループでした。

語学の習得に向いている学習方法は?

上記の実験から分かるのは、結局、語学学習に有効なのは「シャドーイング」と呼ばれる実際に声に出して読み上げる方法だということです。

声に出すというのは一見発音の練習のためだと思われがちですが、実際は記憶への定着に有効だということになります。

語学の上達への近道は喋ることだと言われるのはあながち間違いではないのです。

僕も英語が一気に上達したのは、英語を喋らざるを得ない環境に置かれてからでした。

逆に中国語の勉強を今しているのですが、喋らないといけない必要性にかられていないため、中々上達していないのが現状です。

語学を上達したいのであれば、外国語を話せる環境に身を置くか、それが難しければシャドーイングで声に出して読み上げる練習を繰り返すのが良さそうです。

記憶への定着は本を朗読する方法が効果的!

オーディオブックに向いているジャンルは?

それでは、オーディオブックは全く役に立たないのでしょうか。

オーディオブックのメリットは何と言ってもその気軽さです。

その気軽さゆえに語学学習には向いていないというのはこれまで述べてきた通りなのですが、
隙間時間に耳さえ空いていればいつでも聴けるので、
何度でも聴いて復習できるのが大きな強みです。

そして、実験結果でもある通り、オーディオブックは集中力が途切れやすいです。

つまり、オーディオブックは集中して聞くものではないということですね。

以上をまとめると、オーディオブックは何度も繰り返して聞くことに意味があります。

そのため、僕はビジネス書や実用書こそオーディオブックに向いていると考えています。

実際にビジネス書や実用書を読み終わると分かった気にはなりますが、中々その中身までちゃんと理解しているということは往々にして少なかったりしませんか。

理解するためにもう一度読み直したいと思っても、
次に読みたい本が控えていたりして、何度も読み込むというのは時間的に中々難しい。

そういう時に、オーディオブックはかなり役立ちます。

飛ばし読みもできないため、普段は興味がなく読み飛ばしてしまうところも、
オーディオブックでなら必ず聴かなくてはなりません。

そして、何度も何度も聞くことで内容への理解を深めることができます。

オーディオブックは語学学習ではなく、ビジネス書と実用書にぜひ活かしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください